ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NS500
フレディ・スペンサー 1983

1983年、ヤマハのケニー・ロバーツとの激戦を制し、ホンダ初となる500ccクラスチャンピオンを獲得した、フレディ・スペンサー選手のNS500です。チャンピオンバイクコレクションのNO.7です。

写真:NS500の模型

スポンサーリンク

1982年、結果の出ない4ストロークNR500に替わって登場した、2ストロークマシンNS500。他のメーカーが4気筒エンジンを採用するなか、ホンダはV型3気筒エンジン採用。ハイパワーを追求するかわりに、超軽量でコンパクトなマシンを開発した。

1982年の第7戦ベルギーGPでスペンサ−が駆り初優勝。これがホンダにとって、2ストローク初優勝。その年、スペンサ−と片山敬済により、NS500はシーズン3勝をマークした。1983年、スペンサ−は6勝をマークし、NS500は参戦2年目にしてタイトル獲得。ホンダにとっては1967年以来、16年ぶりとなるタイトル獲得に成功した。

しかし、NS500がワークスマシンとして活躍したのはわずか2年。翌1984年からは、V型4気筒NSR500へと移行して行った。

NS500 主要スペック

ホンダ NS500の模型

スポンサーリンク

ファスト・フレディと異名をもつフレディ・スペンサーは、17歳でプロに転向しアメリカのAMAスーパーバイクで活躍。1982年からNS500で世界GPにフル参戦し、第7戦ベルギーGPで20歳で最年少の優勝。その年はランキング3位。

1983年、シーズン全12戦をヤマハのケニー・ロバーツと6勝づつを分け合うという世界GP史上に残る激闘の末、僅か2ポイント差でスペンサーが制し、最年少チャンピオンとなった。

1984年、ホンダが新たに投入したNSR500が不調で4位に終わった。1985年、500ccと250ccにエントリーし、不可能といわれた二冠を獲得した。しかしこの後全く勝てなくなった。酷使した右手首の腱鞘炎が原因と言われている。

1987年シーズン終了後いったん引退。1989年と1993年、ヤマハのマシンで復帰したが結果を残せず、32歳で完全に引退した。

また、フレディ・スペンサーは鈴鹿8時間耐久レースに1980年と1992年に出場している。

フレディ・スペンサー&NS500 1983年の成績
Round 順位
1 南アフリカGP 優勝
2 フランスGP 優勝
3 ナシオンGP 優勝
4 西ドイツGP 4位
5 スペインGP 優勝
6 オーストリアGP リタイア
7 ユーゴスラビアGP 優勝
8 オランダGP 3位
9 ベルギーGP 2位
10 イギリスGP 2位
11 スウェーデンGP 優勝
12 サンマリノGP 2位
1983年シーズン500ccクラスランキング
1位 フレディ・スペンサー ホンダ 優勝6回 144ポイント
2位 ケニー・ロバーツ ヤマハ 優勝6回 142ポイント
3位 ランディ・マモラ スズキ 優勝0回 89ポイント

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ