ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NSR500
マイケル・ドゥーハン 1998

1998年のWGP500ccクラスで、マイケル・ドゥーハン選手のライディングでチャンピオンに輝いた、REPSOL HONDA TEAMのNSR500です。このチームは、スペインの石油会社レプソルをメインスポンサーとしたホンダワークスチームでした。

この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.6です。

写真:NSR500の模型

スポンサーリンク

このNSR500に搭載されている最高出力180馬力以上とされる水冷2ストロークV4エンジンは、ワイン・ガードナー1987と比べて、下バンクの排気管が右側面に配置され、この排気管の経路を確保するためスイングアームはバナナ型で左右非対称となっている。

1992年、ビッグバン・エンジンと呼ばれる同爆型のエンジンが投入された。しかし1997年に、等爆型エンジンに戻された。

1984年に投入されて以来、より速く走るために毎年改良が加えられたNSR500は、1997年は全15戦のレースを完全制覇し、その内表彰台独占が9回。

翌1998年も全14戦中13勝、表彰台独占が8回。ドゥーハンの世界GP5連覇とともに、他のメーカーを寄せ付けない圧倒的強さを誇った。

レプソルホンダ NSR500

マイケル・ドゥーハンは、1989年からホンダのワークスライダーとしてNSR500を駆り、世界GP500ccクラスに参戦を開始した。参戦初年こそランキング9位に終ったが、翌1990年3位、1991年2位と着実に実力をあげていった。

しかし1992年、シーズン開幕から7戦中5勝を挙げ、初タイトルかと思われたが、第8戦のオランダGPで転倒し、大怪我を負う。シーズン終盤に復帰したが、体調不十分のため、惜しくもランキング2位に終った。1993年も負傷が完治せずランキング4位となった。

1994年、強さを取り戻し、優勝9回で初タイトル獲得。1995、1996、1997年と連覇。1997年は全15戦中12勝している。

1998年は開幕戦の日本GPでエンジントラブルでリタイヤするなど計3戦リタイヤと厳しい年となったが、完走したレースは全て表彰台、優勝8回とチャンピオンにふさわしい成績で5連覇を成し遂げた。またチャンピオンは第13戦母国オーストラリアGPでの勝利で決めた。

しかし6連覇をめざした1999年、第3戦スペインGPの予選で転倒し負傷のため、残りのレースを欠場。その後引退を発表した。世界GP通算優勝回数は54勝。

また、ドゥーハンは鈴鹿8耐にも何度か出場し、1991年にはガードナーと組んで優勝している。

スポンサーリンク

REPSOL HONDA TEAM

関連サイト

マイケル・ドゥーハン&NSR500 1998年の成績
Round 順位
1 日本GP リタイア
2 マレーシアGP 優勝
3 スペインGP 2位
4 イタリアGP 優勝
5 フランスGP 2位
6 マドリードGP リタイア
7 オランダGP 優勝
8 イギリスGP 2位
9 ドイツGP 優勝
10 チェコスGP リタイア
11 イモラGP 優勝
12 カタルニアGP 優勝
13 オーストラリアGP 優勝
14 アルゼンチンGP 優勝
1998年シーズン500ccクラスランキング
1位 マイケル・ドゥーハン Repsol Honda ホンダ 優勝8回
2位 マックス・ビアッジ Marlboro Team Kanemoto ホンダ 優勝2回
3位 アレックス・クリビーレ Repsol Honda ホンダ 優勝2回

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ