ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NSR500
アレックス・クリビーレ 1999

1999年のWGP500ccクラスの頂点に輝いた、REPSOL HONDA TEAMのNSR500です。ライダーはアレックス・クリビーレ選手でした。この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.21です。

HONDA NSR500 ALEX CRIVILLE 1999

スポンサーリンク

スペインの石油会社レプソルは1995年から、スペイン人ライダーのアレックス・クリビーレの加入もあり、それまでのロスマンズに替わって、ホンダワークスチームのメインスポンサーとなりました。

NSRはマイケル・ドゥーハン選手とともに1994年から1998年までWGP500の王者に君臨し、1999年も6連覇に挑んだ。しかし、開幕2戦で勝利を逃し、第3戦スペインGP予選で転倒したドゥーハンは負傷して、以降のレースを欠場した。

ホンダにとって苦しい展開になると思われたが、チームメイトのクリビーレ選手がチャンピオンとなり、NSR500は6連覇を達成した。

写真:NSR500の模型

1999年シーズン500ccクラスランキング
1位 アレックス・クリビーレ Repsol Honda Team ホンダ 優勝6回
2位 ケニー・ロバーツJr. Suzuki Grand Prix Team スズキ 優勝4回
3位 岡田忠之 Repsol Honda Team ホンダ 優勝3回

NSR500 主要スペック

スポンサーリンク

アレックス・クリビーレ選手は1989年、世界GP125ccクラスに参戦1年目でチャンピオン獲得。1992年、CAMPSA HONDA TEAMから500ccクラスに参戦。1994年、ホンダワークスチームに移籍。

1999年、チームのエースライダーのドゥーハン選手が転倒し負傷するアクシデントに見舞われた第3戦の母国スペインGPで、ヤマハのM・ビアッジ選手との接戦を制しシーズン初優勝。その後一気に4連勝を飾り、ポイントランキングトップに浮上。

第15戦ブラジルGPで、11番グリッドからスタートし順位を上げ、ランキングトップを争っていた岡田忠之選手を僅差で抑えて6位に入り、スペイン人ライダーとしては初の500ccクラスタイトルを獲得した。

2002年、ヤマハ・ダンティーン・チームに移籍したが、シーズン開幕前に体調不良により活動の一時休止を発表。1999年以来、短時間ながら意識を失うというような経験があったことから、自ら休養を決意し治療に専念する事になった。しかし、そのままシーズン中に引退した。

アレックス・クリビーレ&NSR500 1999年の成績
Round 順位
1 マレーシアGP 3位
2 日本GP 4位
3 スペインGP 優勝
4 フランスGP 優勝
5 イタリアGP 優勝
6 カタルニアGP 優勝
7 オランダGP リタイア
8 イギリスGP 優勝
9 ドイツGP 2位
10 チェコGP 2位
11 イモラGP 優勝
12 バレンシアGP リタイア
13 オーストラリアGP 5位
14 南アフリカGP 3位
15 ブラジルGP 6位
16 アルゼンチンGP 5位

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ