ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NSR500
ワイン・ガードナー1987

青と白を基調としたロスマンズカラーに塗られた、ROTHMANS HONDA RACING TEAMの1987年型NSR500です。ワイン・ガードナー選手がライディングしたチャンピオンマシンです。

チャンピオンバイクコレクションのNO.4。この模型ではスポンサー塗装が「Racing」となっているが、実機は「Rothmans」でした。

写真:NSR500の模型

スポンサーリンク

NSR500は1984年に、3気筒NS500に変わって新投入された。バンク角90度の水冷2ストロークV型エンジン。燃料タンクをエンジンの下に置き、通常のタンクの位置に4本の排気管を通す奇抜な構造。

1年目は、シーズン途中からNS500を再投入しなければならないほど問題が多かった。

2年目となる1985年、燃料タンクと排気管は通常の位置に戻された。この1987年型では排気管の通る位置は、上側バンクがシートの下、下側バンクがエンジンの下となり、エンジンのバンク角は112度となった。最高出力は140馬力以上、最低車両重量は110Kg以下とされていた。

ロスマンズホンダ NSR500の模型

ワイン・ガードナーは1985年からNS500で世界GPにフル参戦し、その年はランキング4位。翌1986年はNSR500に乗りランキング2位を獲得した。

1987年、ロスマンズ・ホンダはフレディ・スペンサーがHRCに移籍。チームのエースライダーとなったガードナーは、シーズン序盤から強さを発揮し前半戦は優勝4回、2位2回と圧勝した。

後半はYZRが徐々に力を発揮し混戦となったが、確実にポイントを稼いだ。前半戦の貯金が効いて、シーズン7勝、全戦でポイント獲得しチャンピオンとなった。しかしタイトル獲得はこの1回だけで、1992年シーズンを最後に引退した。

ガードナーは、鈴鹿8時間耐久レースで通算4勝している、日本でも馴染みのあるライダー。

スポンサーリンク

ワイン・ガードナー&NSR500 1987年の成績
Round 順位
1 日本GP 2位
2 スペインGP 優勝
3 西ドイツGP 10位
4 イタリアGP 優勝
5 オーストリアGP 優勝
6 ユーゴスラビアGP 優勝
7 オランダGP 2位
8 フランスGP 4位
9 イギリスGP 2位
10 スウェーデンGP 優勝
11 チェコスロバキアGP 優勝
12 サンマリノGP 3位
13 ポルトガルGP 4位
14 ブラジルGP 優勝
15 アルゼンチンGP 3位
1987年シーズン500ccクラスランキング
1位 ワイン・ガードナー Rothmans Honda Racing Team ホンダ 優勝7回
2位 ランディ・マモラ Team Lucky Strike Roberts ヤマハ 優勝3回
3位 エディ・ローソン Marlboro Yamaha Team Agostini ヤマハ 優勝5回

NSR500に乗るガードナー

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ