ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

ストーナーが勝、ロレンソはリタイアを強いられた

第7戦 オランダGP(アッセン) 2012.06.30 /コンディション:ドライ

ホルヘ・ロレンソが1周目の1コーナーでアルバロ・バウティスタの転倒に巻き込まれてリタイアとなる一方で、ケーシー・ストーナーが優勝したことで両者が140ポイントでMotoGPポイントテーブルのトップに並んだ。但しリーダーはストーナーです。

予選は転倒した事で8番手に沈んでいたバウティスタはスタートダッシュで順位を上げて、4番手でイン側から1コーナーに入った。が、直後にフロントを失って転倒し、斜め前にいたロレンソを道連れにしてコース外側に滑っていった。

このアクシデントの前に居たレプソルホンダの2台が逃げる展開となった。26周で行われたレースの16周目までダニ・ペドロサが先頭をキープ。その後ろにつけてタイヤと体力を温存していたストーナーが17周目にペドロサをパスして引き離した。ストーナーにとって第3戦 ポルトガル以来の勝利となる。

ベン・スピースは1周目から3位につけたが前のホンダに絡むことはできず、アンドレア・ドヴィツィオーゾとの3位争いになり、結局その場を失った。カル・クラッチローはスタート直後のアクシデントを避けるためにコースを大きく外れることを強いられて12位にまで後退。そこからレース中盤には5位にまで回復した。

ニッキー・ヘイデンは1周目でコースアウトするも転倒せずにコースに復帰してドゥカティ勢トップの6位。チームメイトのバレンティーノ・ロッシは残り11周となるところでピットインしてタイヤを交換した。ステファン・ブラドルは予選で自己最高位となる4番グリッドを手に入れたが、決勝レースは2周目に転倒した。

カレル・アブラハムは予選17位だったが欠場した。

バウティスタに対して、次戦の決勝レースは最後尾スタートするペナルティが科せられる事になった。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1C・ストーナーRepsol Honda Teamホンダ41'19.855
2D・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ+4.965
3A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech3ヤマハ+11.994
4B・スピースYamaha Factory Racingヤマハ+14.775
5C・クラッチローMonster Yamaha Tech3ヤマハ+22.074
6N・ヘイデンDucati TeamDucati+31.660
7H・バルベラPramac Racing TeamDucati+59.107
8R・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+1'04.441
9M・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR+1'06.980
10M・パッシーニSpeed MasterART+1'25.087
11D・ペトルッチCame Ioda Racing ProjectIoda+1'32.103
12I・シルバAvintia BlusensBQR+1'33.797
13V・ロッシDucati TeamDucati+1Lap
14J・エリソンPaul Bird MotorsportART+1Lap
RTA・エスパルガロPower Electronics AsparART+12Lap
RTC・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+19Lap
RTY・エルナンデスAvintia BlusensBQR+21Lap
RTS・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+25Lap
RTJ・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ-
RTA・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ-
NSK・アブラハムCardion AB MotoracingDucati-

2012年の結果に戻る

サイトマップ