ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

ロレンソが優勝 ペドロサはクラッシュ

第13戦 サンマリノGP(ミサノサーキット) 2012.09.16 /コンディション:ドライ

ホルヘ・ロレンソが優勝。チャンピオン争いにおいて、ダニ・ペドロサにとって大きな打撃となった大会。

スタート直前、カレル・アブラハムにトラブル発生。周回数が1周減算されて、スタート手順をやり直すことになった。ウォームアップ再スタートを待っている時、今度はペドロサのマシンにトラブルが発生。ピットロードに回避してそれを解決したがウォームアップ走行に間に合わず、スタート位置がポールポジションから一転して最後尾となってしまう。

それでもペドロサはスタート直後の1コーナーは12位で通過して、更に上位目を狙う勢いだったが、6コーナーで転倒してしまった。彼の後ろを走っていたエクトル・バルベラが転倒してそれに巻き込まれた。そのため、2番グリッドからスタートしたロレンソにとっては楽なレース展開となり、順調に周回を重ねた。ペドロサとのポイント差は38に拡大した。

このレースの最大の見所となるはずだったロレンソとペドロサの争いが開始早々に消え去った後、スタンドを沸かせたのは地元のバレンティーノ・ロッシがドライレースでの表彰台を今シーズン初めて得たことだった。6番グリッドからスタートしたロッシは1周目から2位に着けた。その後も順位を落とすことなく27周を走りきった。今回投入した新型のシャーシとスイングアームが効果を発揮したという。

3位争いはアンドレア・ドヴィツィオーゾとアルバロ・バウティスタが同時にゴールラインを通過。写真判定の結果、バウティスタが今シーズン初の表彰台を獲得した。予選3位だったカル・クラッチローはスタートで遅れて1周目は5位。そこから前を行くドヴィツィオーゾを追ったが5周目に転倒した。

負傷欠場したケーシー・ストーナーの代役としてジョナサン・レイが参戦した。Avintia Blusensのライダーがイバン・シルバからダビッド・サロンに替わった。シルバはテストとリザーブライダーとなる。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1J・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ42'49.836
2V・ロッシDucati TeamDucati+4.398
3A・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ+6.055
4A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+6.058
5B・スピースYamaha Factory Racingヤマハ+7.543
6S・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+13.272
7N・ヘイデンDucati TeamDucati+40.907
8J・レイRepsol Honda Teamホンダ+43.162
9R・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+1'09.627
10M・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR+1'13.605
11C・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+1'16.695
12Y・エルナンデスAvintia BlusensBQR-FTR+1'19.073
13J・エリソンPaul Bird MotorsportART+1'19.408
14D・ペトルッチCame IodaRacing ProjectIoda-Suter+1Lap
15D・サロンAvintia BlusensBQR+1Lap
RTA・エスパルガロPower Electronics AsparART+4Lap
RTC・クラッチローMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+23Lap
RTM・パシーニSpeed MasterART+26Lap
RTH・バルベラPramac Racing TeamDucati0Lap
RTD・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ0Lap
RTK・アブラハムCardion AB MotoracingDucati0Lap


C・クラッチロー(Monster Yamaha Tech 3)

2012年の結果に戻る

サイトマップ