ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

ペドロサがハットトリック

第16戦 マレーシアGP(セパン) 2012.10.21 /コンディション:ウエット

激しい雨の影響で周回数が短縮されてしまったマレーシアGP。ダニ・ペドロサが優勝してポイントリーダー ホルヘ・ロレンソとのポイント差を少し詰めて23とした。

レースはポールポジションからスタートしたロレンソが先頭に立つ。だがペドロサを振り払うことができずに逆転されるという、アラゴンや前回のもてぎと似た展開になる。

ペドロサはロレンソの背後、コンマ5秒以内の間隔で周回を重ねてきた。そして10周目、ロレンソのインを付いて前に出た。そのころから雨が強くなってコースコンディションが更に悪化したことで両者の差は徐々に広がった。

ロレンソはコーナーで危うく転倒しそうになる場面もあって、マーシャルに対してコンディションの悪化を何度かアピール。そして、3位につけるケーシー・ストーナーが追い付いてくるのは時間の問題と思われたが、レースは13周を終えて視界も悪くなったところで赤旗が振られて中断した。その後状況は改善せず、中断の時点での順位でレース成立となった。

予選4番手からスタートしたストーナーは序盤から3位争いの先頭を走っていて、雨でライバルたちが後退していく中で彼のペースは良くなった。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1D・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ29'29.049
2J・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ+3.774
3C・ストーナーRepsol Honda Teamホンダ+7.144
4N・ヘイデンDucati TeamDucati+10.518
5V・ロッシDucati TeamDucati+16.759
6A・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ+17.276
7H・バルベラPramac Racing TeamDucati+50.282
8A・エスパルガロPower Electronics AsparART+51.585
9J・エリソンPaul Bird MotorsportART+56.676
10K・アブラハムPramac Racing TeamDucati+57.622
11D・ペトルッチCame IodaRacing ProjectIoda+1'02.805
12M・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR+1'02.891
13A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+1'28.989
-R・ロルフォSpeed MasterART0Lap
RTS・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+2Lap
RTC・クラッチローMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+3Lap
RTR・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+3Lap
RTI・シルバAvintia BlusensBQR+3Lap
RTC・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+3Lap
RTB・スピースYamaha Factory Racingヤマハ+5Lap


A・ドヴィツィオーゾ(Monster Yamaha Tech 3)


フリー走行でのロッシとマーシャル

2012年の結果に戻る

サイトマップ