ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

スリリングな展開でペドロサが勝利

第12戦 チェコGP(ブルノ) 2012.08.26 /コンディション:ドライ

最終ラップの白熱したバトルの末に、ダニ・ペドロサがポイントリーダーのホルヘ・ロレンソを破った。両者は全22周にわたってコンマ5秒以内の接近戦を展開しました。3位にはカル・クラッチローが入り、MotoGP初表彰台を獲得した。

スタート直後はクラッチローもペドロサとロレンソに絡んでいったが、2人のペースには付いていけなかった。先ずはロレンソが先頭でレースが進んでいき、中盤以降はペドロサが先頭に出て、ロレンソはその背後に付いて終盤に備えた。

最終ラップ、コース中盤でロレンソがペドロサのインを突いて逆転。ペドロサが最終シケインの切り返しでパス。ロレンソも何とか食い下がろうとするが、ゴールに向かう立ち上がりでラインを外れた。

ポイントランキング3位のケーシー・ストーナーは前戦で負傷した右足首の手術を受けるために欠場した今大会で、この2人が1-2位で完走したことはチャンピオン争いにおいて重要な意味がある。

3位争いはTech 3のチームメイト同士の争いとなった。しかし接近戦だった先頭争いとは違って、こちらは終始2秒近くの間隔を置いて周回を重ねた。3位を走るクラッチローはアンドレア・ドヴィツィオーゾのプレッシャー受けながらもミス無く走りきった。イギリス人ライダーがMotoGPの表彰台に立つのは、2000年のイギリスGPでアプリリアRSWに乗るジェレミー・マクウィリアムズが3位になって以来、12年ぶりとなる。

今シーズンのベストグリッドとなる6番手からスタートしたバレンティーノ・ロッシが7位。ベン・スピースは4番グリッドからスタートしたが1周目は14位。スタートでクラッチがオーバーヒートしてしまったと言う。その後回復し順位も8周目には8位まで挽回したが転倒してリタイアとなった。

前回に引き続いてエクトル・バルベラの代役としてトニ・エリアスが参戦。また、ニッキー・ヘイデンも前回の転倒で骨折した影響で欠場した。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1D・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ42'51.570
2J・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ+0.178
3C・クラッチローMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+12.343
4A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+18.591
5S・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+25.582
6A・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ+29.451
7V・ロッシDucati TeamDucati+34.514
8R・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+1'04.285
9K・アブラハムPramac Racing TeamDucati+1'08.278
10A・エスパルガロPower Electronics AsparART+1'09.972
11T・エリアスPramac Racing TeamDucati+1'10.003
12Y・エルナンデスAvintia BlusensBQR+1'24.040
13C・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+1'27.898
14M・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR+1'36.165
15J・エリソンPaul Bird MotorsportART+1'40.565
16M・パッシーニSpeed MasterART+1'41.226
17D・ペトルッチCame Ioda Racing ProjectIoda+1Lap
RTI・シルバAvintia BlusensBQR+13Lap
RTB・スピースYamaha Factory Racingヤマハ+14Lap


D・ペドロサ(Repsol Honda Team)

2012年の結果に戻る

サイトマップ