ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

ストーナーがロレンソを破った

第10戦 アメリカGP(ラグナセカ) 2012.07.29 /コンディション:ドライ

ケーシー・ストーナーがポイントリーダーのホルヘ・ロレンソに勝ったことで、そのポイント差を少し縮めた。

レースは序盤からレプソルホンダの2台とロレンソが3位以降を大きく引き離す展開となった。ストーナーは直ぐにダニ・ペドロサを抜いて先頭のロレンソにプレッシャーをかける。中盤にかけてロレンソが僅かにリードを広げた。しかし直ぐにストーナーが背後に付き、残り10周となったところで前に出た。

その後じわじわと差を広げながら逃げ切ったストーナーがシーズン4勝目を挙げた。3位でゴールしたペドロサはポイントランキングは2位をキープしている。

予選4位だったベン・スピースは前の3台には離されるものの、背後につけるTech3の2台を抑えて4位を走っていた。しかし、22周目にコークスクリューを下ったところでスイングアームに不具合が生じて転倒し、リタイアに終わった。その結果4位争いになったTech3のバトルはアンドレア・ドヴィツィオーゾが征した。

バレンティーノ・ロッシは残り3周で8位を走行していたが、コークスクリュー入り口で転倒した。

AMAに参戦中のAttack PerformanceがCRTとしてスティーブ・ラップを起用してワイルドカード参戦したが、予選タイムがトップの107パーセント以内に収まらず、決勝に進出できなかった。

オフロードでのトレーニングで負傷して欠場となったエクトル・バルベラの代役としてトニ・エリアスが参戦した。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1C・ストーナーRepsol Honda Teamホンダ43'45.961
2J・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ+3.429
3D・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ+7.633
4A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech3ヤマハ+18.602
5C・クラッチローMonster Yamaha Tech3ヤマハ+18.779
6N・ヘイデンDucati TeamDucati+26.902
7S・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+28.393
8A・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ+50.246
9A・エスパルガロPower Electronics AsparART+1'18.993
10K・アブラハムCardion AB MotoracingDucati+1'22.076
11R・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+1Lap
12Y・エルナンデスAvintia BlusensBQR+1Lap
13C・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+1Lap
14I・シルバAvintia BlusensBQR+1Lap
RTV・ロッシDucati TeamDucati+3Lap
RTB・スピースYamaha Factory Racingヤマハ+11Lap
RTJ・エリソンPaul Bird MotorsportART+13Lap
RTD・ペトルッチCame Ioda Racing ProjectIoda+14Lap
RTM・パッシーニSpeed MasterART+21Lap
RTT・エリアスPramac Racing TeamDucati+31Lap
RTM・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR0Lap


K・アブラハム(Cardion AB Motoracing)

2012年の結果に戻る

サイトマップ