ホーム > レース > MotoGP結果 > 2012年

ロレンソがムジェロで圧勝

第9戦 イタリアGP(ムジェロ) 2012.07.15 /コンディション:ドライ

ホルヘ・ロレンソが圧倒的な勝利で、MotoGPチャンピオンシップのリードも広げた。ロレンソはポールシッターのダニ・ペドロサを1コーナーでパスして1周目からトップに浮上し、最後までその座を明け渡すことなくゴールした。

ロレンソのライバルとなったペドロサですが、レース序盤は7番グリッドから急浮上してきたアンドレア・ドヴィツィオーゾのチャージを受け3位に。5周目に2位に上がりロレンソを追った。

ペドロサはなんとかロレンソを5秒以内に捕らえていたが、チームメイトのケーシー・ストーナーは残念なレースだった。ストーナーは今回ブリヂストンが用意した耐熱構造のリアタイヤを選んだ唯一のライダー。彼は1周目は8位。9周目にようやく5位に上がるも次の周回でコースアウトを喫して10位に後退。そこから、アルバロ・バウティスタと接触するといったハプニングもあったが8位に回復した。

ドヴィツィオーゾは2位を失った後、10周目にステファン・ブラドルにも抜かれてしまう。ブラドルは終盤まで多くのコーナーで後ろからの圧力に耐えて3位をキープした。残り3周となるところでドヴィツィオーゾが取り返し、3戦連続で表彰台に上がりました。

ブラドルは最終ラップにニッキー・ヘイデンのチャージを受けましたが、立ち上がりで彼がワイドになった隙に抜き返してベストリザルトとなる4位でゴールした。

ベン・スピースは体調不良でペースが上がらなかった。骨折から回復していないカレル・アブラハムが欠場し、その代役もめどが立たないことからカルディオン・ABチームは欠場した。

故マルコ・シモンセリン追悼のため開幕戦からブラックカラーのマシンで参戦してきたグレシーニ・レーシングが、今大会からホワイトのカラーリングに戻した。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1J・ロレンソYamaha Factory Racingヤマハ41'37.477
2D・ペドロサRepsol Honda Teamホンダ+5.223
3A・ドヴィツィオーゾMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+10.665
4S・ブラドルLCR Honda MotoGPホンダ+10.711
5V・ロッシDucati TeamDucati+11.695
6C・クラッチローMonster Yamaha Tech 3ヤマハ+12.060
7N・ヘイデンDucati TeamDucati+12.235
8C・ストーナーRepsol Honda Teamホンダ+30.617
9H・バルベラPramac Racing TeamDucati+31.728
10A・バウティスタSan Carlo Honda Gresiniホンダ+34.589
11B・スピース Yamaha Factory Racingヤマハ+57.862
12R・ド・ピュニエPower Electronics AsparART+59.963
13A・エスパルガロPower Electronics AsparART+1'11.200
14J・エリソン Paul Bird MotorsportART+1'11.458
15M・パッシーニSpeed MasterART+1'11.828
16I・シルバAvintia BlusensBQR+1Lap
RTC・エドワーズNGM Mobile Forward RacingSuter+13Lap
RTY・エルナンデスAvintia BlusensBQR+14Lap
RTD・ペトルッチCame Ioda Racing ProjectIoda+20Lap
RTM・ピロSan Carlo Honda GresiniFTR-


M・ピロ(San Carlo Honda Gresini)

2012年の結果に戻る

サイトマップ