ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ TZ250L
クリスチャン・サロン 1984

カポラルカラーが鮮やかなフランスの煙草「ゴロワーズ」をスポンサーとする、ソノートヤマハの1984年世界GP250ccクラス、クリスチャン・サロン選手のチャンピオンマシン。

チャンピオンバイクコレクションのNO.49です。

写真:TZ250Lの模型

スポンサーリンク

TZ250は1973年に登場したヤマハの市販ロードレーサー。250ccクラスはヤ−ノ・サ−リネンらのライディングで、空冷エンジンのヤマハTDが1970年から4連続でタイトルを獲得していた。

そんな中、1973年に水冷エンジンを搭載したTZ250が登場する。しかし、1974年のタイトルはハーレーダビッドソンが獲得し、ヤマハの5連覇は成らなかった。その後もハーレーダビッドソン、続いてカワサキがタイトルを獲得していく。

TZ250は毎年改良を重ね、1976年にはモノショック化とディスクブレーキ装着、1981年にはパワーバルブシステムYPVSを採用するなどして戦闘力アップを図る。

登場から10年目となる1982年、プライベーターのJ.L.トルナドールのライディングでシーズン1勝、2位とわずか1ポイント差でカワサキのアントン・マングをおさえて初タイトルを獲得。

1983年はカルロス・ラバードが駆り2連覇。1984年、サロンのライディングでTZ250が3連覇。

1985年、フレディ・スペンサーが駆るホンダワークスのRS250RWがタイトルを獲得。これに対抗すべくヤマハは1985年シーズン半ばからアルミフレームの新型TZを投入し、1986年からファクトリーマシンYZR250となる。

一方、TZ250はその後もプライベーター向けの市販レーシングマシンとして、YZR250での技術を反映して進化していく。

TZ250L 主要スペック

1984年シーズン250ccクラスランキング
1位 クリスチャン・サロン(Christian Sarron) ヤマハ 109
2位 マンフレッド・ヘルヴェー(Manfred Herweh) Real/Rotax 100
3位 カルロス・ラバード(Carlos Lavado) ヤマハ 77

ソノートヤマハ TZ250L

スポンサーリンク

リーンウイズの美しいライディングフォームで多くのファンを魅了したクリスチャン・サロンは、1976年途中から世界GP350ccと250ccクラスに初出場。1977年、第2戦西ドイツGP250ccで世界グランプリ初優勝。1979年から500ccに挑戦したが、1982年は再び350ccと250ccに参戦。350ccが廃止となり、250ccに専念した1983年はランキング2位を獲得した。

この頃の250ccクラスはカワサキがワークス活動を停止し、出場マシンの半数以上はTZ250。1984年、HHシリンダーを使用し、セルジュ・ロセのチューニングによるスペシャルTZに乗るサロンは開幕戦から上位を走る。第2戦イタリアGPではエンジントラブルによる転倒でノーポイントとなったが、オーストリアGPで優勝してランキングトップに立つ。シーズン終盤のマンフレッド・ヘルヴェーの追い上げをかわしてチャンピオンに輝いた。

1985年、再度500ccクラスに転向。雨の中で行われた第3戦西ドイツGPで、後方から追い上げたサロンはトップを走るスペンサーを抜き去りそのままゴール。500cc初優勝を飾った。その年、スペンサー、エディー・ローソンにつづきランキング3位となった。その後1990年まで500ccのランキング上位で活躍するが優勝は無かった。

クリスチャン・サロン(Christian Sarron)

クリスチャン・サロン & ヤマハTZ250L 1984年の成績
Round 順位
1 南アフリカGP 2位
2 イタリアGP リタイア
3 スペインGP 2位
4 オーストリアGP 優勝
5 西ドイツGP 優勝
6 フランスGP 5位
7 ユーゴスラビアGP 2位
8 オランダGP リタイア
9 ベルギーGP 3位
10 イギリスGP 優勝
11 スウェーデンGP 2位
12 サンマリノGP リタイア

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ