ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ YZR500
中野真矢 2001

2001年のWGP500ccクラスに、Gauloises Yamaha Tech 3 Teamから参戦した中野真矢選手のYZR500です。この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.13です。

写真:YZR500の模型

スポンサーリンク

テック3はフランスに本拠地を置くプライベートチームで、2000年にチーム所属のO・ジャック選手が250ccクラスチャンピオンに輝き、中野選手が2位を獲得した。

2001年はその2人の選手と共に、フランスのタバコブランドであるGAULOISESのスポンサーの下、世界GP500ccクラスに進出しYZR500を走らせた。

このチャンピオンバイクコレクションNO.5の阿部典史選手のマシンと同年型だが、フロントカウルやテールの形状は異なる。

チャンピオンバイクコレクションNO.13:YZR500

中野真矢選手は、1997年にヤマハと契約し全日本選手権250ccクラスに参戦。1998年、全日本選手権250ccチャンピオンを獲得した。

1999年、テック3チームと契約し世界GP250ccクラスに参戦。第2戦日本GP/もてぎでGP初勝利を挙げるなど健闘しランキング4位で、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

2000年、チームメイトのO・ジャック選手と激しいチャンピオン争いを展開し、優勝5回で惜しくもランキング2位。2001年、テック3チームと共に世界GP500ccクラスに参戦。第9戦ドイツGPで3位表彰台を獲得。安定した成績でランキング5位、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

4ストロークと2ストロークのマシンが混走となったMotoGP元年の2002年、シーズン終盤まで4ストロークYZR-M1は供給されず、不利といわれた2ストロークYZR500で戦って、ランキング11位。2003年、ダンティンヤマハチームに移籍しYZR-M1を走らせ、善戦したがランキング10位。2004年、カワサキレーシングチームに移籍した。

スポンサーリンク

中野真矢選手は、国内選手権デビュー当時所属していたSP忠男レーシングチームのトレードマークである、目玉模様のヘルメットを愛用。

ゼッケン56は、「バリバリ伝説」の主人公 巨摩郡がNSR500で世界GPに参戦した時付けていた番号。作者のしげの秀一さん公認。

関連サイト

中野真矢&YZR500 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 5位
2 南アフリカGP 4位
3 スペインGP 4位
4 フランスGP 11位
5 イタリアGP 8位
6 カタルニアGP 4位
7 オランダGP 5位
8 イギリスGP 6位
9 ドイツGP 3位
10 チェコGP 欠場
11 ポルトガルGP 9位
12 バレンシアGP 7位
13 パシフィックGP 6位
14 オーストラリアGP 7位
15 マレーシアGP 4位
16 ブラジルGP 9位

中野真矢 2001:YZR500

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ