ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ RD05 250
フィル・リード 1968

1968年世界GP250ccクラス フィル・リード選手のチャンピオンマシンです。チャンピオンバイクコレクションのNO.28です。

YAMAHA RD05 250 PHIL READ 1968

1964年と1965年、リードは2ストローク2気筒エンジンを搭載したヤマハRD56で250ccクラス連覇を達成した。しかしヤマハは、1965年にホンダが投入した4ストローク6気筒マシンに危機感を抱き、対抗するために2ストロークV型4気筒のRD05を開発する。

だが、ニューマシンにとって1年目のシーズンとなる1966年はその実力を発揮できず、リードはホンダRC166に乗るマイク・ヘイルウッドに完敗し、タイトルを奪われた。

1967年、改良されたRD05Aに乗るリードはヘイルウッドと接戦を展開し、両者の獲得ポイントは同点となった。結果、優勝回数の差で再びヘイルウッドに敗れた。だが、このシーズンを限りにホンダが世界GPから撤退、同時にヘイルウッドも引退した。

スポンサーリンク

RD05 250 主要スペック

1968年シーズン250ccクラスランキング
1位 フィル・リード(Phil Read) ヤマハ 優勝5回
2位 ビル・アイビー(Bill Ivy) ヤマハ 優勝5回
3位 ヘインツ・ローズナー(Heinz Rosner) MZ -

写真:RD05の模型

ホンダが撤退した直後の1968年、250ccクラスはヤマハワークスのチームメイトであるリードとアイビーの争いとなった。

両者は125ccクラスにも参戦しており、バトルが激化して共倒れになる事を恐れたヤマハは、125ccではリード、250ccではアイビーがタイトルを取るように勝利を分け合おうとした。

シーズン前半はその思惑通りに運んだが、後半、リードは250ccのタイトルも狙いに行った。これはヤマハがこの年限りでワークス活動撤退を決めたことが引き金になったと言われている。

両者は獲得ポイント、勝利数、入賞数でも並び、協会の決定によりリードが3年ぶりにタイトルを奪還した。リードは125ccクラスでもタイトルを獲得し、両クラスとも2位となったアイビーは激怒しレース界に物議を醸した。

結果的にヤマハは全レ−スで優勝したが、この年限りで世界GPでのワークス活動を停止した。1969年からプライベート参戦となったリードは1971年、再び250ccのタイトルを獲得。1973年と1974年にはMV AGUSTAのマシンで500ccのタイトルも手にし、世界GP3クラスを制した。

スポンサーリンク

フィル・リード&ヤマハ RD05 250 1968年の成績
Round 順位
1 西ドイツGP リタイア
2 スペインGP 優勝
3 マン島TT リタイア
4 オランダGP 2位
5 ベルギーGP 優勝
6 東ドイツGP 2位
7 チェコスロバキアGP 優勝
8 フィンランドGP 優勝
9 アルスターGP リタイア
10 ナシオンズGP 優勝
フィル・リード選手 世界GPの成績
西暦 125cc 250cc 350cc 500cc
1964 8位 1位 6位 3位
1965 10位 1位 9位
1966 4位 2位 8位
1967 2位 2位
1968 1位 1位
1969 13位 13位
1970 12位 17位
1971 1位 16位 18位
1972 4位 5位
1973 3位 1位
1974 1位
1975 2位
1976 10位

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ