ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ YZF-R7
デレタン、フォレ、ウィリス組 2000

フランス ヤマハの2000年世界耐久選手権、デレタン、フォレ、ウィリス組のYZF-R7。チャンピオンバイクコレクションのNO.59です。

写真:YZF-R7の模型

スポンサーリンク

1999年、ヤマハはスーパーバイクとして、YZF750に替わってYZF-R7・OW02を投入した。

コンパクト設計の4サイクル・水冷・DOHC・5バルブ4気筒エンジンを、WGPよりフィードバックされたアルミ製デルタボックスUフレームに搭載。エンジンへの燃料噴射量や点火タイミングは、ECU(エンジンコントロールユニット)で精密に制御されていた。

YZF-R7はスーパーバイクで競われる国内外のスプリントレースや耐久レースに参戦するために開発されたレーシングマシンだが、その規定による市販車認証を得るために、保安部品を取付けたYZF-R7がホモロゲマシンとして500台市販された。その逆輸入参考価格は450万円、と当時の雑誌に記されていた。

2000年のYZF-R7は、スーパーバイク世界選手権で芳賀紀行のライディングでランキング2位に入った。世界耐久選手権では、フランス ヤマハチームがリエージュ24時間とボルドール24時間で優勝した。

チャンピオンバイクコレクションNO.59:YZF-R7

YZF-R7 主要スペック

2000年リエージュ24時間レース順位
1位 J.M.Deletang、F.Foret、M.Willis ヤマハ 473周
2位 S.Mertens、P.Linden、W.Nowland スズキ 469周
3位 C.Cogan、W.Daemen、D.Morillon ヤマハ 468周
2000年ボルドール24時間レース順位
1位 J.M.Deletang、F.Foret、M.Willis ヤマハ 801周
2位 B.Sebileau、I.Jerman、L.Holon カワサキ 801周
3位 W.Costes、S.Charpentier、K.Muggeridge ホンダ 794周

デレタン組 2000:YZF-R7

スポンサーリンク

フランス ヤマハチームの第1ライダーのジャン・マルク・デレタンはフランス出身で、地元のスーパーバイク選手権でタイトル獲得の経験も有り、世界耐久選手権での優勝経験も有った。

同じくフランス出身のファビアン・フォレは2000年から、Ducati 748Rでスーパースポーツ世界選手権に挑戦していた。

オーストラリア出身のマーク・ウィリスは1999年、モデナスKR3で世界GP500ccクラスに参戦していた。

世界耐久選手権第3戦として開催されたリエージュ24時間は、高速コーナーが多く、名物コーナーのオールージュがよく知られているスパフランコルシャンで行われた。結果、ヤマハチームは快勝だった。

そして、ボルドール24時間でも優勝した。この大会はフランスで開催される、伝統のある耐久レースで、2000年はマニクールで行われた。レースは出場56台中で完走したのは30台。

他のチームが次々とリタイアしていく中でYZF-R7はトップグループを快走。終盤、ライバルのホンダがピット作業で手間取り後退。ヤマハチームはカワサキとの接戦を制してシーズン2勝目を挙げた。

2000年世界耐久選手権の優勝チーム
レース 優勝チーム
ル・マン24時間
(フランス)
W.Costes
S.Charpentier
S.Gimbert
ホンダ
エストリル8時間
(ポルトガル)
J.-M.Bayle
C.Lavieille
A.Van den Bossche
スズキ
リエージュ24時間
(ベルギー)
J.M.Deletang
F.Foret
M.Willis
ヤマハ
鈴鹿8時間
(日本)
宇川徹
加藤大治郎
ホンダ
オッシャースレーベン
24時間
(ドイツ)
C.Guyot
S.Scarnato
N.Dussauge
カワサキ
ボルドール24時間
(フランス)
J.M.Deletang
F.Foret
M.Willis
ヤマハ

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ