ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ YZR250
オリビエ・ジャック 2000

タバコブランドのチェスターフィールドをメインスポンサーとしたChesterfield Yamaha Tech 3の2000年世界GP250ccクラス、オリビエ・ジャック選手のチャンピオンマシン。

チャンピオンバイクコレクションのNO.29です。

写真:YZR250の模型

スポンサーリンク

1986年、YZR250は世界GPに登場し、カルロス・ラバードのライディングでいきなりチャンピオンマシンとなった。1990年にはジョン・コシンスキーによって2度目のタイトル獲得。その後、ヤマハが250ccクラスでのワークス活動を休止した事で世界GPから姿を消す。

1996年に原田哲也のライディングで6年ぶりに復帰したが、翌年からは、再び姿を消してしまう。そして1999年、ヤマハはワークスマシンYZR250を復活させた。

その年Tech3はマシンをホンダからヤマハに切替えた。マシンを切替える事になったジャックは転倒の影響などでシーズン前半戦欠場したが、後半は活躍し、最終戦アルゼンチンGPで優勝した。

YZR250 主要スペック

2000年シーズン250ccクラスランキング
1位 オリビエ・ジャック(Olivier Jacque) ヤマハ 優勝3回 279ポイント
2位 中野真矢 ヤマハ 優勝5回 272ポイント
3位 加藤大治郎 ホンダ 優勝4回 259ポイント

チャンピオンバイクコレクションNO.29:YZR250

スポンサーリンク

前年チャンピオンのバレンティーノ・ロッシが500ccクラスにステップアップして居なくなった2000年の250ccクラスは、ジャックのチームメイト中野真矢とホンダの加藤大治郎、宇川徹も加わり混戦となった。

シーズン前半は開幕2連勝した中野がリードし、ジャックは優勝は無かったが確実にポイントを積み上げていった。第7戦カタルニアGPでシーズン初優勝、第9戦イギリスGPで2位に入り中野を抜いてポイントランキングトップに立った。その後、転倒リタイアもあって2位の中野との差を広げる事は出来なかった。

ポイント差僅か2ポイントで迎えた最終戦オーストラリアGPは、ポールポジションからスタートした中野がレースを引っ張り、ジャックは2位につける展開。

最終ラップ最終コーナーをトップで立ち上がったのは中野だったが、ゴール手前わずかの所でスリップから抜け出したジャックが逆転。タイム差僅か0.014秒差でジャックが優勝し、優勝回数は中野や加藤より少なかったが、7ポイント差で250ccクラスの初タイトルを獲得した。

2001年、Tech3はジャック、中野真矢と共に500ccクラスにステップアップした。

オリビエ・ジャック&ヤマハ YZR250 2000年の成績
Round 順位
1 南アフリカGP 4位
2 マレーシアGP 2位
3 日本GP 4位
4 スペインGP 4位
5 フランスGP 3位
6 イタリアGP 2位
7 カタルニアGP 優勝
8 オランダGP 2位
9 イギリスGP 2位
10 ドイツGP 優勝
11 チェコGP 3位
12 ポルトガルGP 2位
13 バレンシアGP 2位
14 ブラジルGP リタイア
15 パシフィックGP 4位
16 オーストラリアGP 優勝

オリビエ・ジャック 2000:YZR250

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ