ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ YZR500
マックス・ビアッジ 2001

Marlboro Yamaha Teamの2001年世界GP500ccクラス、マックス・ビアッジ選手のンマシンの模型です。チャンピオンバイクコレクションのNO.38です。フロントやサイドカウルのマルボロマークが白くベタ塗りとなっています。

YAMAHA YZR500 MAX BIAGGI 2001

スポンサーリンク

1973年に初登場して以来ワークスマシンとしてWGPを戦ってきたYZR500ですが、MotoGPクラスへの移行を翌年に控えた2001年が、ワークスマシンとして戦う最後のシーズンとなった。

2001年型は最高出力190馬力以上とされる水冷2ストロークV型4気筒エンジンを搭載したOWL6だった。

マックス・ビアッジは、1994年から世界GP250ccクラス4連覇を達成。1998年、500ccクラスにステップアップし、カネモト・ホンダからNSR500で参戦。開幕戦の鈴鹿で初戦優勝を果たした。このシーズンは2勝し、王者マイケル・ドゥーハンに次ぐランキング2位を獲得した。

1999年、ワークスライダーとしてMarlboro Yamaha Teamに移籍。ドゥーハンが長期欠場した1999年、そして引退した2000年、ビアッジにとってチャンスかと思われたが、リタイアが多くランキングは4位と3位に終わった。

写真:YZR500の模型

スポンサーリンク

2001年、ホンダNSR500に乗る母国の後輩バレンティーノ・ロッシと対決。第4戦フランスGPでポールポジションからスタートしたビアッジはシーズン初優勝し、ロッシの開幕4連勝を阻止。

第7戦オランダGPはロッシとトップ争いを展開中に降り出した雨で中断。結果、15週目終わりの順位でレースが成立し、ビアッジが優勝を拾った。第9戦ドイツGPでもポールトゥウインで3勝目を挙げ、ポイントランキングでロッシを追走していた。

しかし、第13戦パシフィックGPでトップを走行中に転倒、リタイアとなり、ロッシが500ccタイトル獲得に王手をかけた。

ビアッジが優勝しても、ロッシが8位以上に入ればロッシのタイトル獲得が決定する厳しい状況の第14戦オーストラリアGP。ビアッジはロッシとトップ争いを展開。最終ラップ、トップを走行中のビアッジはロッシに抜かれ2位。ビアッジは、500ccクラスのタイトルを獲得する事は出来なかった。

マックス・ビアッジ & ヤマハ YZR500 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 3位
2 南アフリカGP 8位
3 スペインGP 11位
4 フランスGP 優勝
5 イタリアGP 3位
6 カタルニアGP 2位
7 オランダGP 優勝
8 イギリスGP 2位
9 ドイツGP 優勝
10 チェコGP 10位
11 ポルトガルGP 5位
12 バレンシアGP 10位
13 パシフィックGP リタイア
14 オーストラリアGP 2位
15 マレーシアGP リタイア
16 ブラジルGP 3位

関連リンク

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ