ホーム >> チャンピオンバイク

ヤマハ YZR500
阿部典史 2001

2001年のWGP500ccクラスにANTENA TRE YAMAHA D'ANTINから参戦した阿部典史選手のYZR500。

チャンピオンバイクコレクションのNO.5です。

写真:YZR500の模型

スポンサーリンク

赤と黒を基調としたマシンのフロントカウルにはゼッケンナンバー6が左右に2つと、その真中にスポンサーとなったスペインのテレビ局「アンテナ3」のマークが記されていた。

YZR500は初登場の1973年以来、約30年間進化を続けてきた歴史あるマシン。ほぼ最終型といえる2001年型は、500ccメーカータイトル獲得した2000年型をベースに改良を加えた。

WGP最高峰クラスは2002年からMotoGPに移行した為、ライダー全員が2ストロークマシンに乗るレースは2001年が最後の年となった。

ヤマハは8台のYZRを投入し、1992年のウエイン・レイニー以来の個人タイトルを狙った。結果はマックス・ビアッジが3勝でランキング2位が最高。ホンダに乗るバレンティーノ・ロッシの圧勝に終わった。

チャンピオンバイクコレクションNO.5:YZR500

スポンサーリンク

全日本選手権500ccクラス最後の年となる1993年、18歳の阿部典史選手は、全日本も500ccも1年目のなか史上最年少で全日本チャンピオンとなった。

翌1994年、日本GPにワイルドカードで参戦し、決勝レースでシュワンツやドゥーハンと互角の勝負を展開。結果は転倒リタイヤだったが、その時の快走が元GPチャンピオンのウエイン・レイニーに認められ世界GPに参戦する事となった。

GP初勝利は1996年の日本GP。1999年、このチームダンティンに移籍し、ブラジルGPで勝利。チームダンティン2年目となった2000年、第3戦の日本GPを再び制しGP3勝目をあげた。

2001年、さらなる飛躍が期待されたが勝利は無かった。しかしランキングは前年よりひとつ上がって7位。

阿部典史&YZR500 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 4位
2 南アフリカGP 5位
3 スペインGP 2位
4 フランスGP 4位
5 イタリアGP 9位
6 カタルニアGP 6位
7 オランダGP リタイヤ
8 イギリスGP リタイヤ
9 ドイツGP 4位
10 チェコGP 4位
11 ポルトガルGP リタイヤ
12 バレンシアGP 8位
13 パシフィックGP 4位
14 オーストラリアGP 13位
15 マレーシアGP 13位
16 ブラジルGP 6位
WGPの成績(ランキング)
西暦 チーム名 順位
1994 ブルーフォックス / Marlboro Team Roberts 17位
1995 Marlboro Team Roberts 9位
1996 Marlboro Team Roberts 5位
1997 Team Rainey Yamaha 7位
1998 Team Rainey Yamaha 6位
1999 Antenna 3 Yamaha d'Antin 6位
2000 Antenna 3 Yamaha d'Antin 8位
2001 Antenna 3 Yamaha d'Antin 7位
2002 Antenna 3 Yamaha d'Antin 6位
2003 Fortuna Yamaha / Yamaha Racing 16位
2004 Fortuna Gauloises Yamaha 13位

阿部典史 2001:YZR500

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ヤマハ

サイトマップ