ホーム >> 模型

ヤマハ XJ400D 中型バイクメモリアル2

写真:XJ400Dの模型

XJ400Dの概要

ヤマハXJ400Dが登場したのは1981年です。空冷4ストロークDOHC4気筒エンジン搭載の中型、400ccスーパースポーツバイク。

1980年に発売された、ヤマハ初の400ccマルチエンジンを搭載したXJ400をベースとする発展型です。

ライバルのカワサキZ400FXと比べてエンジンパワーも勝り、しかも軽量コンパクトなボディサイズで人気のモデルでした。その愛称は「ペケジェイ」です。

左右に振り分けられた4本マフラーはこのクラス初。重圧感を増す黒塗装の空冷エンジンは、燃焼効率を上げるYICS(ヤマハインジェクションコントロールシステム)を装備。

メーターパネルは豪華4連メータ。スピードメータとタコメーターが並ぶその上に燃料計と電圧計を装備していた。前のウィンカーの下にはダブルホーン。

この模型では再現されていませんが、フロントブレーキのダブルディスクは穴開きタイプです。リアブレーキはドラムです。

スポンサーリンク

主要スペック

  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 排気量:398cc
  • 最高出力:45PS/10000rpm
  • 最大トルク:3.5Kg-m/8000rpm
  • 車体重量(乾燥):180Kg
  • ガソリンタンク容量:16L
  • 型式:4G0
  • 最高速:178km/h
  • ゼロヨン:13.9秒
  • 販売価格:43万2000円

スポンサーリンク

サイトマップ