ホーム >> 模型

ホンダ ドリーム CB750 FOUR(K0)

F-toys(エフトイズ)の1/24ヴィンテージバイクシリーズの第2弾として、2006年に販売された「ビッグバイクコレクション」から、ホンダCB750K0の模型です。

ビッグバイクコレクションの模型ラインアップはCB750K0の他に、カワサキ500SS マッハIII、ヤマハXS1、スズキGT750です。

写真:ホンダ CB750K0の模型

スポンサーリンク

CB750 FOUR(K0)の概要

ホンダドリームCB750 FOURは世に「ナナハン」の呼び名を定着させたバイクです。この模型はその初期型で、CB750K0とも呼ばれています。この後、モデルチェンジを繰り返して、1977年のK7が最終型となります。

ホンダは1966年に、世界GPの5クラスでメーカータイトルを獲得。1967年も250ccクラスと350ccクラスでメーカータイトルを獲得したが、そのシーズンの終わりに、ホンダは急遽世界GPからの撤退を発表した。強豪メーカーとなっていたホンダの撤退は、レース界に衝撃を与えた。

撤退の理由として、市販用バイクの開発があげられていました。それを受けるように、1968年東京モーターショーでプロトタイプのホンダドリームCB750 FOURがデビュー。そして、翌1969年4月に北米で市販され、同年8月には国内販売が開始されました。

レースによるノウハウをフィードバックさせたCB750 FOUR。採用したエンジンはホンダが得意とする4ストロークで、量産車用として世界初となる並列4気筒エンジンはロングストローク、センターパワーテイクオフ、ドライサンプ方式によってコンパクトになった。

さらに前輪のブレーキも世界初の油圧ディスク、フレームはホンダ初のダブルクレードル、等々豪華な装備が満載です。そのコンセプトは「ハイウエイ長距離ツーリングをより快適に、より安全に」でした。

車体色はこの模型のキャンディブルーグリーンとキャンディルビーレッド、輸出仕様のキャンディゴールドがあります。

スポンサーリンク

主要スペック

  • エンジン:空冷4サイクルSOHC並列4気筒
  • 排気量:736cc
  • 最高出力:67PS/8000rpm
  • 最大トルク:6.1Kgm/7000rpm
  • 始動方式:セル/キック併用
  • 燃料タンク容量:19.0L
  • 変速機:リターン式5段
  • フレーム:ダブルクレドールフレーム
  • 懸架方式:前テレスコピック・後スイングアーム
  • タイヤ:前3.25-19/後4.00-18
  • ブレーキ型式:前ディスク・後リーディングトレーリング
  • 最高速度:200km/h
  • 0-400m加速:12.4sec
  • 全長:2160mm
  • 全幅:885mm
  • 全高:1120mm
  • 車体重量(乾燥):220Kg
  • 販売価格:38.5万円

スポンサーリンク

サイトマップ