ホーム >> 模型

スズキ GS400E 中型バイクメモリアル

GS400Eの売りだった、ツインカム2気筒のエンジンや星型キャストホイールなどを、よく再現した模型だと思います。黒いボディにオレンジのライン、ゴールドのSUZUKIエンブレムも輝いている。

中型バイクメモリアル GS400E

スポンサーリンク

GS400Eの概要

1977年にスズキ400cc初の4サイクル、並列2気筒DOHC2バルブエンジンを搭載したGS400が発売されました。

それまで、スズキはGTシリーズに代表される2サイクルのメーカーでしたが、1970年代後半に4サイクルのGSシリーズを発売。中型クラスではGT380に代わってGS400を発売しました。

1978年に、エキゾーストパイプの左右を連結したGS400IIが登場。同年に国内でキャストホイールの使用が解禁されると、GSシリーズにも星型キャストホイールが採用されて、この模型のGS400Eが登場しました。

1979年にはマイナーチェンジを受けて、最高出力が39PSにパワーアップ。また、アップハンドルをつけたアメリカン仕様のGS400Lも登場します。

写真:GS400Eの模型

メーカー間のシェア争いが4サイクルの進化を早めて、1980年に4バルブエンジンを搭載したGSXシリーズが登場します。中型クラスもGSX400Eが発売され、その後GS400Eは生産終了となりました。

しかし、GS400Eというネーミングのバイクは1991年にも発売されます。こちらも先代と同様に2気筒DOHC2バルブエンジンを搭載していましたが、スチール製角型フレームやモノショックなど、そのスタイリングは先代と全く別物でした。

スポンサーリンク

主要スペック

  • エンジン:空冷4ストロークDOHC2バルブ並列2気筒
  • 排気量:398cc
  • 最高出力:37PS/9000rpm
  • 最大トルク:3.2Kg-m/7000rpm
  • 車体重量(乾燥):172Kg
  • ガソリンタンク容量:14L
  • 販売価格:34万円

GS400Eの模型後輪部

GS400Eの模型エンジン部

スポンサーリンク

サイトマップ