ホーム >> パーツ・用品

ST250のパーツ選び

2003年12月に登場したスズキのST250は、「ストリート系スタンダードモデル」をキーワードとして開発されたバイクです。ダイヤモンドフレームに空冷単気筒エンジンというオーソドックスな組合わせに、スポークホイールやセパレートタイプのシートといった伝統的なスタイルとなっている。だがエンジンは高速めっきシリンダー(SCEM)を採用した新設計で、グラストラッカーにも使われたタイプだった。ヘッドライトがアンバランスなほどに大きいのも外観の特長のひとつになっている。

ST250はシンプルで低価格(349,000円)というのが売りで、カスタムベースにはもってこいだった。2004年1月にはグレードを高めたEtypeが登場する。マニュアルデコンプ式キック始動を装備しヘッドライト、スピードメーターカバー、マフラーなどにはめっき処理を施していた。また、メーカーによるコンプリートモデルとして、カフェレーサー風のCカスタマイズとノスタルジックなイメージのSが限定販売されました。

その後2008年には、強化された排出ガス規制に対応するためにそれまでのキャブレター仕様は生産終了となり、Etypeがフューエルインジェクション仕様となって登場した。価格は449,000円。

主な仕様(FI)

社外パーツ

各社からリリースされているアイテムのチェックはST250適合一覧 から。そこに掲載されている人気ランキングを見るとカウルやシートなど外装品が上位でした。


BEAMS
SS300カーボン

モリワキエンジニアリング
ONE PIECE CLASSIC

ゴールドメダル
ショートメガホンマフラー

キジマ
トライアンプ、スリップオン

アクティブ
スーパートラップ

RSヨコタ
ビューティーショートステンレス

WM
ダブルシート(赤パイピング)

ゴールドメダル
小型ヘッドライト

CHIC DESIGN
ロードコメット

中国ユアサ
JYTX7L-BS液同梱

Webサービス by Yahoo! JAPAN

サイトマップ