ホーム >> パーツ・用品

ライディングウェア選び

バイクで走っているライダーは、気温や風などの自然の影響を体に直接受けています。さらに、自分のバイクや周囲の車のエンジンが発する熱や排気ガスなどの影響も受けます。バイクで快適に走れるのは春と秋の短い期間だけで、それ以外は暑さや寒さへの対策が必要です。

対策といっても季節に応じて服装を変えるのがメインになると思いますが、暑さ対策として半袖のシャツやジャンパーといった軽装で走る人。寒さ対策としてジャケットの下にセーターなどを重ね着したり使い捨てカイロを貼るなど、人それぞれです。

私は季節に応じてメッシュ、ウインター、3シーズン用と3タイプのライディングジャケットを使い分けています。

ライダースジャケット

バイクに乗るときに着用するジャケットの形やデザインを取り入れた革製のタウンジャケットが、ライダースジャケットと呼ばれて人気がありますが、バイクに乗るために作られたライダースジャケットは次のような種類があります。

レザー

上にも書いたように、バイクに乗らない人にも人気があるかっこいい革製のジャケットです。値段はお高いですが、大事に手入れをすれば長い間着れるようです。

メッシュ

メッシュ素材を多用した通気性抜群のジャケットです。夏場はこのメッシュがおすすめです。信号などで停車している時は暑いですが、走っているときは快適です。逆に、夏場でも山間の日の当らない場所を走ると少し寒いと感じることもあります。

ウインター

防風や防寒の対策を駆使したジャケットです。保温性に優れたアンダーウェアと合わせて使用すると、比較的長時間寒さに耐えられます。また、電熱タイプも効果絶大です。

3シーズン

春秋冬や春夏秋と使用できるジャケットです。オールシーズン対応となっているタイプもあります。真冬や真夏に使用するのはチョッと厳しいと思いますが、結局これが一年間で一番長い期間着ていることになります。私が使っているのは防水対策もされているので雨の日でも使用しています。

通販購入を検討している方にバイクブロスの紹介です

ライダーの定番、RSタイチのアパレル
スポーティーなデザインと信頼できる機能性でライダーに人気のあるRSタイチのウインタージャケットとグローブを一挙ラインアップ。着脱式インナーの組み合わせてオールシーズンに対応したジャケットも。

クシタニ
バイクブロスでKUSHITANI製品の取扱いが始まりました。インフィニティRジャケットならスポーツバイクのライディングフォームに理想的なシルエット。ライディングジャケットやレディースアイテムもラインアップ。

プロテクターで安全対策
ライダーをアクシデントから守るためのボディプロテクターやエルボーパッド、脊椎パッド等を装着すれば少し安心感がある。着心地を追求した安全性の高い製品が多く発売されています。

寒さに負けるな 防寒用品集
防寒機能の高いジャケットと高機能なインナーウェアをあわせて使おう。注目の防寒ウェアは電気の力で発熱する「ベスウォーマー」。冬のライダーのためのアイテムです。

私のライディングジャケット選び

私が使用したライディングジャケットの中で、買って良かった物もあれば失敗した物もあります。

雑誌で見てカッコよく思えて買ったジャケットは、太めにデザインされていた腕周りが走り出すと風でばたついてうっとうしく感じました。なおかつそれがバックミラーに写りこんで後方の確認がしにくくもなりました。

空気を取り入れる穴、エアダクトを装備しているので夏場も快適と書かれていたのでその効果を期待して買ったジャケットは、自分にはその効果が全く感じられなかった。

店頭で、割引価格でお安くなっているのを見て迷わず購入した全天候対応のジャケットは、着やすくて気に入っていたのですが、ある日、大雨の中で半日ほど走っていると浸水してきました。

脊椎やひじをガードするパッドは必要ないと長い間思っていましたが、一度使ってみるとなんとなく安心感があって、今ではパッド装備は選ぶときのポイントです。

Tシャツよりライディングジャケットがおすすめ

ジャケットを選ぶポイントは機能やデザインですが、私の場合は機能重視です、が上に書いたように失敗も多くあります。宣伝文句や口コミ情報などをもとにジャケットを購入しても実際に自分が使ってみないと良いか悪いか分かりません。 でも、機能面を考えるとTシャツやスキーウェアよりライディングウェアがおすすめです。

ジャケットの機能は毎年進化していて、デザインのバリエーションは豊富にあります。購入する前にインターネットを利用して出来るだけ多くの種類のジャケット情報を集めて、その中からとりあえず自分が納得する物を購入するしかないと思います。

楽天市場のナイロンとレザージャケット 売れ筋ランキングです。

サイトマップ