ホーム >> チャンピオンバイク

DUCATI 996R
トロイ・ベイリス 2001

2001年、スーパーバイク世界選手権(SBK)の頂点に輝いたトロイ・ベイリス選手がライディングしたDUCATI996Rの模型です。

チャンピオンバイクコレクションのNO.25です。

写真:DUCATI 996Rの模型

スポンサーリンク

所属はイタリアの通信会社インフォストラーダをメインスポンサーとした、Ducati Infostrada Teamでした。

バルブの開閉をカムによる強制駆動とした、ドゥカティ伝統のデスモドロミックバルブ方式の水冷4ストロークL型2気筒エンジンは、さらにテスタストレッタと呼ばれるナローヘッドを採用し排気量は998ccにボアアップされた。

それをこちらも伝統のトレリスフレームに搭載。空力特製を高めるためにサイドカウルも修正された。

その他、2000年型996をベースに改良を加え、ホモロゲマシンとして500台限定生産された996Rは、ホンダからSBKタイトルを奪還するために生まれたマシン。

2001年シーズンワールドスーパーバイクランキング
1位 トロイ・ベイリス(Troy Bayliss) DUCATI 369
2位 コーリン・エドワーズ(Colin Edwards) ホンダ 333
3位 ベン・ボストローム(Ben Bostrom) DUCATI 312

チャンピオンバイクコレクションNO.25:DUCATI 996R

スポンサーリンク

2000年、Ducati Infostrada Teamのエースで前年SBKチャンピオンのカール・フォガティが、第2戦フィリップアイランドでのレースでクラッシュし負傷した。

その代役として、前年イギリス選手権チャンピオンだったトロイ・ベイリスがシーズン終了まで戦い、第6戦ドイツ大会で初優勝、第10戦でも勝利を挙げSBK初年度を6位で終えた。その年のランキング1位はホンダ VTR1000に乗るコーリン・エドワーズだった。

2001年、ベイリスは第5戦イタリア大会で2レースとも優勝し、ランキングトップに浮上。その後確実にポイントを獲得していたが、第10戦ドイツ大会のリタイヤで、ホンダのエドワーズにポイント差を縮められた。

第12戦オランダ大会、レース1はベイリスがトップを走行中の終盤に雨が降り始め、レースは中断しそのままベイリス優勝でレースは成立。レース2もベイリスはトップグループを快走するが、エドワーズの順位は上がらず、2連勝を飾ったベイリスがSBK参戦2年目でチャンピオンを獲得した。

トロイ・ベイリス&DUCATI 996R 2001年の成績
Round レース1順位 レース2順位
1 スペイン 2位 2位
2 南アフリカ 2位 2位
3 オーストラリア 3位 中止
4 日本 13位 15位
5 イタリア 優勝 優勝
6 イギリス 13位 9位
7 ドイツ 2位 優勝
8 サンマリノ 優勝 2位
9 アメリカ 4位 4位
10 ヨーロッパ 5位 3位
11 ドイツ リタイヤ 3位
12 オランダ 優勝 優勝
13 イタリア リタイヤ 欠場

トロイ・ベイリス 2001:DUCATI 996R

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

DUCATI

サイトマップ