ホーム >> チャンピオンバイク

DUCATI 996
カール・フォガティ 1999

1999年のスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦した、DUCATI PERFORMANCE Teamのカール・フォガティ選手のチャンピオンマシンです。

チャンピオンバイクコレクションのNO.14です。

DUCATI996 CARL FOGARTY 1999

スポンサーリンク

SBKは、4サイクルの市販車をベースに改造されたバイクで競うレースで、排気量は当初、4気筒は750ccまで、2気筒が1000ccまでとされていた。

日本のメーカが4気筒を採用するなか、ドゥカティはLツインと呼ばれるV型2気筒エンジンを独特な形状のフレームに搭載した。

ドゥカティは1988年のSBK創設の年から参戦し、1990年にDUCATI 888で初めてチャンピオンに輝き、その後もSBKを席巻し続けた。排気量は888ccから916、1999年のこのマシンでは996ccにアップされ、この後998、999が登場する。

写真:DUCATI 996の模型

DUCATI 996 主要スペック

1999年シーズンワールドスーパーバイクランキング
1位 カール・フォガティ DUCATI 489
2位 コーリン・エドワーズ ホンダ 361
3位 トロイ・コーサー DUCATI 361

スポンサーリンク

カール・フォガティ選手はスーパーバイクで4回、TT-F1で2回、耐久で1回と、合計7回世界選手権でワールドチャンピオンに輝いている。

1990年から、ホンダのマシンでSBKに出場。1992年からドゥカティのマシンで参戦、地元イギリスで初優勝。1994年、初タイトル獲得し翌年も王座を守った。1996年、ホンダに移籍したが4位に終わった。1997年、ドゥカティに復帰したが、ホンダのジョン・コシンスキーに敗れ2位。

1998年のタイトル争いは、ランキングトップにドゥカティのトロイ・コーサー、2位にホンダのアーロン・スライト、3位にフォガティの順で最終戦のSUGOにまでもつれ込んだ。

決勝当日にコーサーがフリー走行で転倒し欠場。ポイント争いの結果はフォガティがスライトに4.5ポイント差で逆転し王座に返り咲いた。

1999年は2度めの連覇を達成した。2000年、第2戦となるフィリップアイランドでのレースでクラッシュし肩を負傷、無念の現役引退となった。

引退後はフォギー・ペトロナス・レーシングを設立し、チームオーナーとしてオリジナルマシンPetronas FP1でSBKに挑戦。

関連サイト

カール・フォガティ&DUCATI 996 1999年の成績
Round レース1順位 レース2順位
1 南アフリカ 優勝 優勝
2 オーストラリア 2位 2位
3 イギリス 優勝 2位
4 スペイン 3位 3位
5 イタリア 優勝 優勝
6 ドイツ 優勝 15位
7 サンマリノ 優勝 優勝
8 アメリカ 5位 4位
9 ヨーロッパ リタイヤ 4位
10 オーストリア 2位 4位
11 オランダ 優勝 優勝
12 ドイツ 優勝 2位
13 日本 2位 5位

スポンサーリンク

DUCATI

サイトマップ