ホーム >> チャンピオンバイク

DUCATI 996R
ベン・ボストロム 2001

2001年スーパーバイク世界選手権(SBK)で、ベン・ボストロム選手がライディングしたDUCATI 996Rの模型です。

チャンピオンバイクコレクションNO.46です。

DUCATI 996R BEN BOSTROM 2001

スポンサーリンク

Ducati L&M

2000年のSBKタイトルは、ホンダのニューマシンVTR1000に乗るコーリン・エドワーズが獲得した。2001年、ドゥカティはホンダからSBKチャンピオンを奪還するために、ワークスチームのDucati Infostradaに次ぐ、第2ワークスチームとも言えるDucati L&Mを結成した。

L&M タバコをメインスポンサーとするDucati L&Mは、ライダーはベン・ボストロムの一人体制で、彼が望むダンロップタイヤを履かせた996Rで参戦した。

チャンピオンはドゥカティワークスのトロイ・ベイリスが獲得したが、ボストロムはベイリスと並ぶ6勝を挙げた。

2002年は一転して1勝も挙げることなく終わる。2003年のワークスチームは1チーム体制に戻り、Ducati L&Mの活動はわずか2年で終了した。

写真:DUCATI 996Rの模型

スポンサーリンク

ダンロップタイヤとの相性

ベン・ボストロムは1998年、ホンダのマシンでAMAスーパーバイクのチャンピオンに輝いた。1999年はドゥカティに乗換えAMAの2連覇を狙ったが、おしくも2位に終わった。その年ラグナセカで行われたSBKアメリカ大会にスポット参戦し、レース1は2位、レース2では見事優勝した。

この活躍が認められて2000年、ドゥカティのワークスチームDucati InfostradaからSBKに参戦。しかし新しい環境になじめず、特にワークスチームが使用するミシュランタイヤに難色を示した。

シーズン中盤の第6戦ドイツ大会から、長年はき慣れたダンロップタイヤを使用するサテライトチームDucati NCRの996RSに乗り換えた。第7戦イタリア大会でシーズン初の3位に入った。結局、SBK1年目のランキングは7位。

2001年は自分好みのダンロップタイヤを履いた996Rで参戦。第2戦南アフリカ大会で優勝はしたものの、前半戦はリタイヤも多く波に乗れなかった。しかし、第8戦サンマリノ大会から5連勝を達成し、ドゥカティとホンダの両エースに次ぐランキング3位を獲得した。

2002年も同じチーム体制で臨んだが不調で、1勝も挙げることなく、ランキングは5位に終わった。2003年、ボストロムはAMAスーパーバイクに参戦。

ボストロムは、2001年SBKの"Most Approachable Rider"にも選ばれた人気のあるライダー。

ベン・ボストロム(Ben Bostrom)

ベン・ボストロム & DUCATI 996R 2001年の成績
Round レース1順位 レース2順位
1 スペイン 3位 リタイヤ
2 南アフリカ 4位 優勝
3 オーストラリア リタイヤ 中止
4 日本 9位 4位
5 イタリア リタイヤ リタイヤ
6 イギリス 6位 4位
7 ドイツ 11位 20位
8 サンマリノ 2位 優勝
9 アメリカ 優勝 優勝
10 ヨーロッパ 優勝 優勝
11 ドイツ 3位 4位
12 オランダ 11位 11位
13 イタリア 4位 4位

スポンサーリンク

DUCATI

サイトマップ