ホーム >> パーツ・用品

ホーネット250 のカスタムパーツ選び

1996年に初期型が発売されたホーネット250は、ホンダ独自のカムギア・トレーン機構を採用した水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・250cエンジンを搭載するネイキッドバイク。エンジンの高回転域で軽快な走りを楽しめる。モノバックボーンフレームやシートカウルに沿って配置されたアップマフラー、重量車クラスで採用している180mmの幅広ラジアルタイヤが特徴的。

1999年に平成10年国内新排出ガス規制に適合した。2003年にタンクのエンブレムがこれまでの「HORNET」からウイングマークに変更された。またバックミラーが角型となった。2005年には特別塗装のホーネット・デラックスが登場。その後、ホーネット250は2007年まで生産された。

HORNETとは英語でスズメバチのことで、ホーネットはスズメバチの力強さと軽快な動きをイメージして付けられた車名となている。雑誌広告などに記載されていたキャッチフレーズは「さぁホーネット熱くなれ。」だった。

主な仕様は、型式BA-MC31、全長2,035mm×全幅740mm×全高1,050mm、シート高745mm、車両重量168kg、水冷4ストロークDOHC 4バルブ 4気筒エンジン、最高出力29kW(40PS)/14,000rpm、最大トルク24N・m(2.4kg・m)/11,000rpm。

社外マフラー

軽スポーツバイクとして人気のホーネット250は、その社外マフラーも多く発売されました。ここで紹介するのはその一部。スリップオンとフルエキゾースト。2本出しタイプのマフラーもありました。


SP忠男
ピュアスポーツ Type TwoTail Fw

BEET
NASSERT-R HORNET250
JMCA 94dB

モリワキエンジニアリング
TOURER CHROME JMCA90dB

RPM
RPM SHORT JMCA認定/89db

BMS RACING FACTORY
BMS Racing スリップオン
(ラウンドチタングラデーション)

サンセイレーシング
SAL-RS TWIN TAIL(4-1-2)

STRIKER
USスーパースポーツシリーズ
(ステンレス/カーボン)

WR’S
スーパーバイク フルエキゾースト
JMCA認定(ステンレス/チタンタイプ)

TSR
ツインスリップオン(チタン)

TSR
チタンフルエキゾースト E03
(チタンサイレンサー)

ヤマモトレーシング
Spec-Aステン4-1-2
カーボンサイレンサー2本出し

ヤマモトレーシング
Spec-A スリップオン
カーボンサイレンサー 2本出し

Moto Gear
Tiフルエキゾーストシステム
チタンスラッシュエンド

FADDY DADDY
スリップオンマフラー
カラードアルミ:赤 ショート

Realize Racing
Aria チタンTypeC

アサヒナレーシング
ワンガンZ スリップオン

プリティーレーシング
ショート管 70π

Webサービス by Yahoo! JAPAN

マフラーの通販購入はこちら、適合マフラー一覧 。2本出しが人気のようです。

サイトマップ