ホーム >> チャンピオンバイク

GILERA 125
マヌエル・ポジアーリ 2001

Gilera Racing Teamの2001年世界GP125ccクラス、マヌエル・ポジアーリ選手のチャンピオンマシン。チャンピオンバイクコレクションのNO.36です。

写真:GILERA 125の模型

スポンサーリンク

イタリアのメーカー「ジレラ」は、1949年の世界GP創設の年から1964年まで参戦し、ジェフ・デュークらのライディングで500ccクラスのタイトルを計6回獲得した古豪。1964年を最後に撤退し、1992年から250ccクラス参戦したが、2シーズンで再び撤退。

2001年、このGILERA 125で125ccクラスに参戦。この年からの参戦は同じピアジオ傘下でスペインのメーカー デルビとの協力関係が強く、このマシンはデルビのマシンと実質的には同一と言われている。デルビのマシンは2000年、宇井陽一のライディングでランキング2位の実績を持っていた。ライダーのポジアーリもデルビから移籍してきた。ジレラは参戦1年目でいきなりチャンピンとなった。

GILERA 125 主要スペック

2001年シーズン125ccクラスランキング
1位 マヌエル・ポジアーリ(Manuel Poggiali) GILERA 優勝3回 241ポイント
2位 宇井陽一 DERBI 優勝6回 232ポイント
3位 トニー・エリアス(Toni Elias) ホンダ 優勝2回 217ポイント

チャンピオンバイクコレクションNO.36:GILERA 125

スポンサーリンク

マヌエル・ポジアーリは1999年から世界GP125ccクラスにフル参戦。2年目の2000年にデルビレーシングに移籍したが、リタイヤが多く、ランキングは16位。2001年、世界GPに復帰する事となったジレラに移籍。チームは移っても実質的に前年のデルビと同じマシンを走らせたポジアーリはシーズン前半から好調で、第4戦フランスGPで初優勝。シーズンの前半、毎回優勝者が異なる展開のなか、ポジアーリは確実にポイントを獲得。第11戦、12戦と連勝し、第13戦は2位に入り、ランキングトップに立った。

その第13戦はデルビに乗る宇井が優勝。シーズン中盤は勝てずに苦しんでいた宇井が、その後4連勝を挙げポジアーリを猛烈に追い上げた。しかし、ポジアーリも安定した走りで2位に入りポイントを獲得。結果、優勝回数は2位の宇井より少ないが、ほとんどのラウンドで表彰台に立ったポジアーリが、18歳で世界チャンピオンとなった。

マヌエル・ポジアーリ & GILERA 125 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 5位
2 南アフリカGP 2位
3 スペインGP リタイア
4 フランスGP 優勝
5 イタリアGP 3位
6 カタルニアGP 3位
7 オランダGP リタイア
8 イギリスGP 3位
9 ドイツGP 3位
10 チェコGP リタイア
11 ポルトガルGP 優勝
12 バレンシアGP 優勝
13 パシフィックGP 2位
14 オーストラリアGP 2位
15 マレーシアGP 2位
16 ブラジルGP 5位

マヌエル・ポジアーリ 2001:GILERA 125

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

サイトマップ