ホーム >> チャンピオンバイク

APRILIA RSV1000
芳賀紀行 2002

Playstation2-FGF Apriliaの2002年スーパーバイク世界選手権(SBK)、芳賀紀行選手のマシン。チャンピオンバイクコレクションのNO.33です。

写真:RSV1000の模型

スポンサーリンク

世界GP125、250ccクラスで輝かしい実績のあるアプリリアは2000年、ワークスチームでSBKに初参戦。

RSV1000をライディングしたのは、ドゥカティのマシンでSBKチャンピオンとなった経験をもつトロイ・コーサー。第2戦オーストラリア大会で優勝。これがアプリリアにとってSBK初優勝。シーズン5勝をマークしランキングは3位と好スタートを切った。

2001年、開幕戦でダブルウィンを飾ったRSV1000&コーサーだか、その後は勝てずランキングは4位となった。2001年は芳賀紀行を擁したが勝てず、2003年アプリリアはSBKへの参戦を取りやめた。

RSV1000 主要スペック

2002年シーズンワールドスーパーバイクランキング
1位 コーリン・エドワーズ(Colin Edwards) ホンダ 552ポイント
2位 トロイ・ベイリス(Troy Bayliss) DUCATI 541ポイント
3位 ニール・ホジソン(Neil Hodgson) DUCATI 326ポイント

チャンピオンバイクコレクションNO.33:RSV1000

スポンサーリンク

2000年SBKシーズンランキング2位となった芳賀紀行は2001年、レッドブルヤマハWCMからYZR500で世界GP500ccクラスに初参戦。しかしリタイヤが多く、ランキング14位と不本意な成績に終わった。2002年、ヤマハを離れアプリリアに移籍し、世界GPからSBKに戻った。

開幕戦、アプリリアに移籍して初のレースでトロイ・ベイリス、ベン・ボストロムのドゥカティ勢と接戦を展開し、2レースとも2位と健闘した。第2戦オーストラリアではマシントラブルで、第3戦南アフリカでは転倒でリタイアとなった。

第4戦日本のレース1ではシーズン初のポールポジションからスタートし、ホンダのコーリン・エドワーズ、玉田誠とバトルを展開し3位。第6戦イギリスでは雨のレースで2位。強力なライバルのドゥカティ、ホンダを相手に善戦するが優勝できない。

第9戦アメリカのレース1では2位を激走中に転倒。結果、7回表彰台に上がったが未勝利でランキングは4位となった。

芳賀紀行 & RSV1000 2002年の成績
Round レース1順位 レース2順位
1 スペイン 2位 2位
2 オーストラリア リタイヤ 6位
3 南アフリカ リタイヤ 6位
4 日本 3位 5位
5 イタリア リタイヤ 3位
6 イギリス 2位 10位
7 ドイツ 4位 5位
8 サンマリノ 4位 3位
9 アメリカ リタイヤ リタイヤ
10 ヨーロッパ 4位 5位
11 ドイツ 7位 4位
12 オランダ 3位 6位
13 イタリア 5位 4位

芳賀紀行 2002:RSV1000

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

APRILIA

サイトマップ