ホーム >> チャンピオンバイク

APRILIA RS3
レジス・ラコーニ 2002

イタリアのタバコ会社MSがメインスポンサーとなった、MS APRILIA RACING Teamの2002年MotoGP レジス・ラコーニ選手のマシン。デアゴスティーニのチャンピオンバイクコレクションNO.19です。

写真:RS3の模型

2002年、アプリリアはホンダと並んで世界GPの3クラス全てに参戦したイタリアのメーカー。125、250ccクラスでタイトル獲得経験は有るが500ccクラスでは未だ無かった。500ccクラスには2気筒エンジンを搭載したマシンRSW-2 500を投入していたが、2000年を最後に500ccクラスから撤退していた。

MotoGPクラスへと変更された2002年、このRS3(キューブ)を投入した。フライバイワイヤーのスロットル、ニューマチックバルブの並列3気筒エンジンなどの独創的な技術を採用したマシン。

レギュレーションでエンジンの気筒数により最低車重制限が異なるが、3気筒マシンは135kgで、4気筒マシンよりも10kg軽いのが利点。しかし開発途上だったこの年は135kgにはほど遠い状態だったようだ。

RS3 主要スペック

スポンサーリンク

レジス・ラコーニ選手は1992年、フランス選手権125ccクラスチャンピオン、1994年、ヨーロッパ選手権250ccクラスチャンピオンに輝いた。1997年、Tecmas Honda Elfから世界GP500ccにフル参戦。

翌年Red Bull Yamaha WCMに移籍し、1999年のバレンシアGPで初優勝。2001年はスーパーバイク世界選手権(SBK)にVirgilio Aprilia Axoから参戦、Aprilia RSV 1000を走らせ、アプリリアのホーム、イタリア大会イモラのレース2でSBK初優勝。

2002年、アプリリアと共にMotoGP復帰したが、誕生間もないRS3の開発を進めながらの実戦に苦労した。イタリアGPでシーズン予選最高位の5位に入り、決勝レースは日本GPに次いで2度目の8位獲得した。これがシーズン最高位で、ランキングは19位に終わった。

レジス・ラコーニ&RS3 2002年の成績
Round 順位
1 日本GP 8位
2 南アメリカGP 15位
3 スペインGP 14位
4 フランスGP 9位
5 イタリアGP 8位
6 カタルニアGP 14位
7 オランダGP リタイア
8 イギリスGP 16位
9 ドイツGP リタイア
10 チェコGP 16位
11 ポルトガルGP リタイア
12 ブラジルGP リタイア
13 パシフィックGP 11位
14 マレーシアGP 17位
15 オーストラリアGP リタイア
16 バレンシアGP リタイア

スポンサーリンク

APRILIA

サイトマップ