ホーム >> チャンピオンバイク

APRILIA RSW250
マルコ・メランドリ 2002

2002年世界GP250ccクラスで、マルコ・メランドリ選手のライディングでチャンピオンマシンに輝いた、アプリリアワークスチームのRSW250。

チーム名は、イタリアのタバコ会社MSがメインスポンサーとなったMS Aprilia Racingでした。チャンピオンバイクコレクションのNO.39です。

写真:RSW250の模型

スポンサーリンク

アプリリアの250ccGPマシンのエンジンは1991年の登場以来、吸気口にはロータリーディスクバルブを採用。これは穴の空いた円盤を回転させて吸気口を開閉する吸気方式。

日本のメーカーが採用したリードバルブと比較してやや旧式の感じだが、セッティングによりエンジンのパワーバンドは狭いがハイパワーを発揮。

1999年、バレンティーノ・ロッシのライディングでチャンピオンマシンとなったRSW250だが、ロッシがいなくなった2000年、2001年はヤマハとホンダにタイトルを奪われた。2002年はアプリリア勢が強さを発揮。メランドリの9勝を含み、全16戦中14戦をアプリリアのマシンが制した。

RSW250 主要スペック

2002年シーズン250ccクラスランキング
1位 マルコ・メランドリ APRILIA 優勝9回 298ポイント
2位 フォンシ・ニエト APRILIA 優勝4回 241ポイント
3位 ロベルト・ロルフォ ホンダ - 219ポイント

MS Aprilia Racing RSW250

スポンサーリンク

マルコ・メランドリは1998年、世界GP125ccクラスにホンダのマシンでフル参戦。オランダGPで初優勝するなど8回表彰台に上がる活躍を見せランキングは3位。1999年はわずか1ポイント差でランキング2位。

2000年、バレンティーノ・ロッシがいなくなったアプリリアワークスチームに加わり、250ccクラスに参戦し、ランキングは5位。2001年は、メランドリとチームメイトで、250ccクラスに復帰した原田哲也とホンダの加藤大治郎が激戦を展開。メランドリは両者の争いに割っては入り、ドイツGPで250ccクラス初優勝となる1勝を挙げた。チャンピオンは加藤、2位に原田、メランドリは3位となった。

2002年、加藤と原田がMotoGPクラスにステップアップし、ランキング上位のライダーがいなくなった250ccクラスはメランドリがチャンピオン候補の本命。シーズン序盤は転倒等で出遅れたが、地元イタリアGPから6連勝を含む年間9勝を挙げ、見事に250ccクラスチャンピオンとなった。2003年、ヤマハワークスに加わり、MotoGPクラスに参戦。

関連サイト

マルコ・メランドリ & RSW250 2002年の成績
Round 順位
1 日本GP リタイア
2 南アフリカGP 優勝
3 スペインGP リタイア
4 フランスGP 2位
5 イタリアGP 優勝
6 カタルニアGP 優勝
7 オランダGP 優勝
8 イギリスGP 優勝
9 ドイツGP 優勝
10 チェコGP 優勝
11 ポルトガルGP 2位
12 ブラジルGP 4位
13 パシフィックGP 2位
14 マレーシアGP リタイア
15 オーストラリアGP 優勝
16 バレンシアGP 優勝

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

APRILIA

サイトマップ