ホーム >> チャンピオンバイク

APRILIA RSW250
バレンティーノ・ロッシ 1999

1999年世界GP250ccクラスのタイトルを獲得したAprilia Grand Prix RacingのRSW250の模型です。デアゴスティーニのチャンピオンバイクコレクションNO.32です。

写真:RSW250の模型

スポンサーリンク

1991年、ロータリーディスクバルブを採用したV型2気筒エンジンを搭載したアプリリアのGPマシンRS250Vが登場。1993年、強力なパワーを武器にマックス・ビアッジのライディングでチャンピオンマシンとなり、その後1995年まで3連覇。

1998年は同じアプリリアチーム内にロリス・カピロッシ、バレンティーノ・ロッシ、原田哲也という最強のライダーがそろい、全14戦中、3人合わせて13勝をマークした。3人は接戦を展開し、カピロッシがチャンピオン、2位がロッシ、3位に原田となった。

RSW250 主要スペック

1999年シーズン250ccクラスランキング
1位 バレンティーノ・ロッシ APRILIA 優勝9回 309ポイント
2位 宇川 徹 ホンダ 優勝2回 261ポイント
3位 ロリス・カピロッシ ホンダ 優勝3回 209ポイント

チャンピオンバイクコレクションNO.32:RSW250

スポンサーリンク

バレンティーノ・ロッシは1996年から125ccクラスにフル参戦し、2年目の1997年に125ccクラスチャンピオンとなった。1998年、250ccクラスにステップアップ。シーズン終盤4連勝をマークしランキング2位となった。

1999年シーズンの前半は毎回優勝者が異なる展開。開幕戦はこの年ホンダに移籍したカピロッシが優勝。第2戦はヤマハの中野真矢。ロッシは第3戦目でようやく優勝するが、第4戦目はマシントラブルでリタイア、優勝はホンダの宇川徹で、ポイントランキングも宇川にリードされる。第5戦イタリアGPから圧倒的な強さを発揮し、第9戦ドイツGPで優勝し宇川を抜いてランキングトップに立った。

第15戦ブラジルGPは予選グリッド2番手からスタートしたが、スタートは出遅れ1周目は12位で通過。その後追い上げ、レース中盤にトップに追いつき、宇川、カピロッシらと接戦を展開。結果、ロッシが優勝し、チャンピオンが決定した。250ccクラスも参戦2年目でその頂点に立った。2000年からホンダに移籍して500ccクラスに参戦。やはり2年目の2001年に500ccクラスタイトルを手にした。

バレンティーノ・ロッシ & RSW250 1999年の成績
Round 順位
1 マレーシアGP 5位
2 日本GP 7位
3 スペインGP 優勝
4 フランスGP リタイア
5 イタリアGP 優勝
6 カタルニアGP 優勝
7 オランダGP 2位
8 イギリスGP 優勝
9 ドイツGP 優勝
10 チェコGP 優勝
11 イモラGP 2位
12 バレンシアGP 8位
13 オーストラリアGP 優勝
14 南アフリカGP 優勝
15 ブラジルGP 優勝
16 アルゼンチンGP 3位

バレンティーノ・ロッシ 1999:RSW250

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

APRILIA

サイトマップ