ホーム > レース > MotoGP結果 > 2009年

2009 MotoGP Result

2009年のMotoGPバイク

2009年シーズンからタイヤ供給がワンメイク化され、2009年と2010年はブリヂストンが選ばれた。ブリヂストンが各大会毎に前後共に2種類のスリックタイヤを用意する。この2種類は全ライダー同じです。予選用のソフトタイヤは無い。また、運営コスト削減という動きの中でもレギュレーション変更が行われ、第11戦から最終戦までの7戦で、1人のライダーが使用できるエンジンは5基までと制限された。

Ducati

Ducati Marlboro Team/Desmosedici GP9

GP9はカーボンファイバー製のフレームを採用した。これまでのドゥカティーの伝統だった鋼管トレリスフレームから大幅変更になる。スポンサーロゴは前年同様にAliceやSanDisk、Riello UpsにEnelのロゴが入ってる。

  • V型4気筒デスモドロミックDOHCエンジン
  • カーボン・ファイバー製シャシー
  • 排気システム:テルミニョーニ
  • サスペンション:FR共にオーリンズ
  • ブレーキ
    F:ブレンボ製320mmカーボンディスク2枚と4ピストン-キャリパー
    R:ブレンボ製スチールディスク1枚と2ピストン-キャリパー
  • タイヤサイズ:FR共に16.5インチ

Pramac Racing/Desmosedici GP9 SAT


#36 ミカ・カリオと#88 ニッコロ・カネパ

Grupo Francisco Hernando/Ducati


#59 セテ・ジベルナウ

ヤマハ

Fiat Yamaha Team/YZR-M1

フィアット・ヤマハは、インターネット上で2009年のチーム発表会を実施した。タイトルスポンサーのFIAT以外で、BRIDGESTONEとYAMALUBE、Packard Bellのロゴも目立っている。MotoGP2年目を迎えるホルヘ・ロレンソはゼッケンナンバーをこれまでの48から99に変更した。


#46 バレンティーノ・ロッシ

  • 水冷4ストロークDOHC並列4気筒エンジン
  • アルミ製ツインチューブデルタボックスフレーム
  • サスペンション
    F:オーリンズ製倒立サスペンション
    R:オーリンズ製
  • ホィール: 前後16.5インチ(マルケジーニ)
  • タイヤ: 前後16.5インチ(ブリヂストン)
  • ブレーキ
    F:320mmカーボン製ダブルディスク(ブレンボ)
    R:220mmスチール製シングルディスク(ブレンボ)

Monster Yamaha Tech3/YZR-M1

黒と黄色のボディに緑のモンスターロゴマークが印されたM1。テック3ヤマハは2009年から2年間、モンスター・エナジー社とスポンサー契約を結んだ。


#5 コーリン・エドワーズ

カワサキ

Hayate Racing Team/ZX-RR

2002年から一貫してライムグリーンだったカワサキのZX-RRが、真っ黒になってハヤテレーシングチームのマシンとして参戦。ただしハヤテのマシンにKawasakiのロゴが見当たらない。


#33 マルコ・メランドリ

ホンダ

Repsol Honda Team/RC212V

ホンダは金融危機の影響でF1から撤退したが、MotoGPには2台のワークスマシンにサテライトチームを加えて計6台のRC212Vを投入した。


#3 ダニ・ペドロサ

  • 水冷 4ストローク DOHC4バルブ V型4気筒エンジン
  • ツインチューブフレーム
  • ショーワ SPLサスペンション
    F:テレスコピック式
    R:プロリンク
  • タイヤ:前後16.55インチ(ブリヂストン)
  • 全長×全幅×全高:2060×645×1125 mm

Scot Racing Team MotoGP/RC212V


#72 高橋裕紀

スズキ

Rizla Suzuki MotoGP/GSV-R

インペリアル・タバコ社のブランドであるリズラとの3年契約が昨年で終了したスズキは、再びリズラと1年契約を結んだ。スイングアームには、GSV-Rで採用しているパーツメーカーのステッカーが貼ってある。AFAMの他、RKやNGK、ティラド、三菱電機、国産電機と国内メーカが並んでいる。そして、リアインナーフェンダーにもトラスのステッカー見える。


#65 ロリス・カピロッシ


サイトマップ