ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

ストーナーがロレンソを負かす

第10戦 アメリカGP(ラグナセカスピードウエイ) 2011.07.24 /コンディション:ドライ

ケーシー・ストーナーがタイトル争いのライバルのホルヘ・ロレンソを追い詰めて撃破し、チャンピオンシップのポイント差を20に広げた。ポールポジションからスタートして先頭に立ったロレンソはホンダワークス勢からのプレッシャーに耐えていたが、残り6周となったところでストーナーにそのポジションを譲らなければならなかった。

オープニングラップからロレンソの後ろに4台のホンダ勢がつながる展開。しかし、7周目にマルコ・シモンチェリが脱落し、4位に付けていたアンドレア・ドヴィツィオーゾも徐々に後退していった。先ずロレンソを追ったのはダニ・ペドロサだった。だが中盤以降、彼のペースが落ち始めると18周目にストーナーがコークスクリューでパスした。27周目、これまでトップをキープしてきたロレンソをついにストーナーが捕らえて抜き去った。さらに、その後も少しペースを上げて差を広げ、シーズン5勝目を確実なものにした。予選4位のベン・スピースはスタートで少し出遅れて7位に順位を落としたが、終盤にドヴィツィオーゾを抜いて4位に回復した。

Ducati Teamの2台はバレンティーノ・ロッシのすぐ後ろにニッキー・ヘイデンが続くレース展開で終始した。それを追っていたアルバロ・バウティスタは7周目に転倒した。ランディ・ド・プニエは予選で転倒した際に負傷して決勝レースは欠場した。LCR Hondaがワイルドカードでベン・ボストロムを起用した。結果は8周を終えてマシントラブルでピットに戻った。今年の彼はスズキのマシンで全米スーパーバイク選手権に参戦している。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ 43'52.145
2 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ +5.634
3 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ +9.467
4 B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ +20.562
5 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ +20.885
6 V・ロッシ Ducati Team Ducati +30.351
7 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +31.031
8 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +45.502
9 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +51.549
10 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +1'08.850
11 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati +1'09.132
12 L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati 1Lap
13 T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ 1Lap
RT A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ 19Lap
RT B・ボストロム LCR Honda MotoGP ホンダ 24Lap
RT M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ 26Lap
RT C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ 29Lap


L・カピロッシ

2011年の結果に戻る第9戦 <-|-> 第11戦

サイトマップ