ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

ペドロサが優勝戦線復帰

第9戦 ドイツGP(ザクセンリンク) 2011.07.17 /コンディション:ドライ

ダニ・ペドロサがスリリングなドイツGPで競り勝ってエストリル以来の優勝を得た。彼は残り9周となったところでホルヘ・ロレンソをパスして先頭に立った。2位に後退したロレンソの背後にはケーシー・ストーナーが着けて、そこから激しい2位争いが展開された。

ペドロサは2番グリッドから好スタートを切るも1周目は2位。先頭はロレンソ。ポールポジションからスタートしたストーナーはアンドレア・ドヴィツィオーゾにも先行されて4位に後退。3周目にはドヴィツィオーゾが2位に上がる。その2周後、ストーナーが両チームメイトとロレンソをパスして先頭に立った。だが後ろとの差を広げることが出来ず、レース前半はマルコ・シモンチェリもからんで5台による先頭争いになった。そして13周目、ストーナーはロレンソに交わされて2位に、その後ペドロサにも交わされてされに後退。この後ペドロサはロレンソも捉え、後ろでライバルたちが競り合っている間にリードを広げた。その2位争いは僅か0.091秒差で決着が付いた。

もうひとつの混戦となったスズキとDucatiによる7位争いはアルバロ・バウティスタが勝利した。バレンティーノ・ロッシは今季最低となる16番グリッドからスタートして、何とかシングルフィニッシュまで持ってきた。ロリス・カピロッシはフリー走行1に登場したが体調が完全でないとして欠場を決めた。その代役としてシルバン・ギュントーリが起用された。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ 41'12.283
2 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ +1.477
3 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ +1.568
4A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ +10.513
5B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ +10.719
6 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ +10.923
7 A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ +27.451
8 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +27.510
9 V・ロッシ Ducati Team Ducati +27.576
10 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ+33.491
11 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +38.944
12 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati +39.148
13 R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati +39.415
14 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +39.477
15 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +54.516
16 T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ +1'12.335
17 S・ギュントーリ Pramac Racing Team Ducati 1Lap


K・アブラハム

2011年の結果に戻る第8戦 <-|-> 第10戦

サイトマップ