ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

雨のシルバーストーンを制したのはストーナー

第6戦 イギリスGP(シルバーストーン) 2011.06.12 /コンディション:ウエット

ケーシー・ストーナーが雨のレースを支配し、ホルヘ・ロレンソがクラッシュしてノーポイントに終わったこともあってランキングトップに立った。アンドレア・ドヴィツィオーゾが2位でゴールしてホンダがワンツー独占。だが、今大会で最大の歓声は僅か9日前に右鎖骨を骨折したコーリン・エドワーズが3位表彰台を得たことだった。

スタートは予選3番手からロレンソ飛び出し、その後ろでは5番手スタートのドヴィツィオーゾも好ダッシュでチームメイトのストーナーと競り合う。それにマルコ・シモンチェリが続いたが、2台のホンダはウッドコートでストーナーを交わした。2周目にはストーナーが先頭に出て、ペースが少し落ちたドヴィツィオーゾが後続との2位争いに巻き込まれていった間に先頭は逃げた。4周目にシモンチェリがミスをしてロレンソが3位に。しかし8周目、ロレンソがハイサイドでレースを終えるとともに、2009年オーストラリアGP以来続いてきた彼の完走記録も途切れた。その2周後にシモンチェリも転倒し、これでエドワーズが3位に浮上。彼は予選8番手から順位を上げてきて、5周目にベン・スピースを抜いて5位につけていた。

スピースは8周目に激しく転倒し、メディカルセンターに直行して検査を受けた。アルバロ・バウティスタはシーズンベストとなる5位。シーズンワーストの予選13位からスタートしたバレンティーノ・ロッシは結局6位にまで順位を上げてゴールした。が、トップとの差は1秒以上という厳しい結果。カル・クラッチローは予選で転倒した際に左鎖骨を骨折して欠場。ダニ・ペドロサは2戦連続の欠場。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ 47'53.459
2 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ +15.159
3 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ +21.480
4 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +26.984
5 A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ +35.569
6 V・ロッシ Ducati Team Ducati +1'04.526
7 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati +1'32.650
8 T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ +1'51.938
9 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ +1'52.350
10 L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati +2'03.312
11 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +1Lap
12 R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati +1Lap
RT M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ 10Lap
RT J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ 12Lap
RT B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ 13Lap


青山博一

2011年の結果に戻る第5戦 <-|-> 第7戦

サイトマップ