ホーム > レース > MotoGP結果 > 2011年

ストーナー独走

第4戦 フランスGP(ルマン) 2011.05.15 /コンディション:ドライ

ケーシー・ストーナーが2011年シーズン2勝目を挙げた。独走状態だった彼の後ろでは、ダニ・ペドロサをリタイヤに追い込んだとしてマルコ・シモンチェりにペナルティが与えられ、バレンティーノ・ロッシはドゥカティに乗り初の表彰台を獲得した。ポールポジションを獲得していたストーナーだったがスターは良くなくて、1コーナーはチームメイトの両雄に先行される。だが今大会の全てのセッションで好調だった彼にとっては大きな問題ではなくて、2周目にはトップに立った。ペドロサはレース中盤まで付いていたがペースが少し落ちた後、ホルヘ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾを交わして上がってきたシモンチェりに捕まった。

17周目までシモンチェりはペドロサの後方で2位を窺っていた。そして彼はようやく1度前に出るもまた後退。しかし続くコーナーでアウト側から被せて2位を取り戻した。その時に両者が接触してペドロサが転倒し鎖骨を骨折した。レースディレクションはシモンチェりのパッシングに対してライドスルーペナルティーを科す事にした。結果的に、その後方で繰り広げられていた3者の激しいバトルが2位争いになった。残り3周となるころ、ロレンソがその競り合いから脱落し、イタリア人同士のマッチレースになったところでドヴィツィオーゾが前に出た。ロッシはレプソルホンダの1-2は阻止しするために抵抗したがかなわなかった。残り4周となったところでシモンチェりがピットに戻り、復帰後ニッキー・ヘイデンとベン・スピースを抜いて5位でゴールした。コーリン・エドワーズは7位を走行中に転倒した。その後ピットに戻りマシンを修理して復帰した。

ウォームアップ走行において、ゆっくりと流していたランディ・ド・プニエが後方から迫ってきたストーナーの進路に入って前を塞ぐ形になってしまった。この際にストーナーが怒りをあらわにしてド・プニエを拳でなぐってしまい、5,000ユーロの罰金を科せられた。

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team ホンダ 44'03.955
2 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team ホンダ 14.214
3 V・ロッシ Ducati Team Ducati 14.564
4 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing ヤマハ 21.075
5 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini ホンダ 31.245
6 B・スピース Yamaha Factory Racing ヤマハ 31.609
7 N・ヘイデン Ducati Team Ducati 35.566
8 青山博一 San Carlo Honda Gresini ホンダ 51.502
9 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati 1'03.731
10 K・アブラハム Cardion AB Motoracing Ducati 1'03.885
11 T・エリアス LCR Honda MotoGP ホンダ 1'04.068
12 A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP スズキ 1'04.192
13 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ 2Lap
RT L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati 7Lap
RT D・ペドロサ Repsol Honda Team ホンダ 11Lap
RT C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 ヤマハ 22Lap
RT R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati 27Lap


B・スピース

2011年の結果に戻る第3戦 <-|-> 第5戦

サイトマップ