ホーム > レース > MotoGP結果

2012年MotoGPの結果

最大排気量が昨年まで5年間続いた800ccから1000ccにアップして行われた2012年は、ヤマハのホルヘ・ロレンソが2年ぶり2度目のチャンピオンに輝いた。ルーキーオブザイヤーはステファン・ブラドル。

この年は、参加台数を増やしてレースを活性化させるためにホンダ、ヤマハ、ドゥカティのプロトタイプマシンを使用するチーム以外に、市販車ベースのエンジンを搭載したオリジナルマシンで参戦できるクレイミング・ルール・チーム(CRT)という新たなルールが設けられました。両車の性能差を考慮してタンク容量やシーズン中の使用エンジン台数の制限値などがCRTに有利な設定となっていて、逆にマニュファクチュアはCRTが使用したエンジンを買い取ることが出来るとしていた。

ケーシー・ストーナーがこの年を最後に引退した。

スズキが参戦を一時休止することとなった。復帰するのは2015年となる。

ライダー ポイントランキング
順位 ライダー マシン 合計 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
1 J・ロレンソ ヤマハ 350 252020252525-20252020202520202020-
2 D・ペドロサ ホンダ 332 201616132016202520162525-252525-25
3 C・ストーナー ホンダ 254 16252516132025-82513---11162516
4 A・ドヴィツィオーゾ ヤマハ 218 111113916-16161613161313161331310
5 A・バウティスタ ホンダ 178 9101061013-9681110161016101113
6 V・ロッシ Ducati 163 679209731011-9920891196
7 C・クラッチロー ヤマハ 151 131311811101181011-16-13--16-
8 S・ブラドル ホンダ 135 8971188-11139101110-10-10-
9 N・ヘイデン Ducati 122 10851079106910--9-8138-
10 B・スピース ヤマハ 88 558-61113135---1111----
11 H・バルベラ Ducati 83 766756977----4694-
12 A・エスパルガロ ART 74 144335-33766-64865
13 R・ド・ピュニエ ART 62 3-3-148545-875--54
14 K・アブラハム Ducati 59 ----4----687-75679
15 M・ピロ FTR 43 --22237----26114211
16 J・エリソン ART 35 ---5-2212-113227-7
17 Y・エルナンデス BQR 28 2--1-1-2-47443----
18 中須賀克行 ヤマハ 27 --------------7--20
19 D・ペトルッチ Ioda-Suter 27 -31---5-----2--538
20 C・エドワーズ Suter 27 4------4-3335-3--2
21 J・レイ ホンダ 17 ------------89----
22 M・パシーニ ART 13 -2-4--6-1---------
23 I・シルバ BQR 12 -1----4--24-----1-
24 T・エリアス Ducati 10 ----------55------
25 青山博一 BQR 3 -----------------3
26 S・ラップ APR 2 ----------2-------
27 D・サロン BQR 1 ------------1-----
コンストラクター ポイントランキング
順位 コンストラクター ポイント
1ホンダ412
2ヤマハ386
3Ducati192
4ART100
5FTR43
6BQR35
7Suter27
8Ioda-Suter18
9Ioda9
10APR2
11BQR-FTR2
チーム ポイントランキング
順位 チーム ポイント
1 Repsol Honda Team 603
2 Yamaha Factory Racing 458
3 Monster Yamaha Tech 3369
4 Ducati Team 285
5 San Carlo Honda Gresini 221
6 Power Electronics Aspar 136
7 LCR Honda MotoGP 135
8 Pramac Racing 93
9 Cardion AB Motoracing 59
10 Avintia Blusens 44
11 Paul Bird Motorsport 35
12 Ioda Racing Project 27
13 NGM Mobile Forward Racing 27
14 Speed Master 13

日程

2012年は2011年と同様の開催地で全18戦が予定されている。カタールGPはナイトレース。オランダGPの決勝は土曜。アメリカGPはMotoGPクラスのみ開催される。

Rn 日付 開催地 Rn 日付 開催地 Rn 日付 開催地
1 4/8 カタール
(ロサイル)
7 6/30 オランダ
(アッセン)
13 9/16 サンマリノ
(ミサノ)
2 4/29 スペイン
(ヘレス)
8 7/8 ドイツ
(ザクセンリンク)
14 9/30 アラゴン
(アラゴン)
3 5/6 ポルトガル
(エストリル)
9 7/15 イタリア
(ムジェロ)
15 10/14 日本
(もてぎ)
4 5/20 フランス
(ルマン)
10 7/29 アメリカ
(ラグナセカ)
16 10/21 マレーシア
(セパン)
5 6/3 カタルニア
(カタルニア)
11 8/19 インディアナポリス
(インディアナポリス)
17 10/28 オーストラリア
(フィリップアイランド)
6 6/17 イギリス
(シルバーストーン)
12 8/26 チェコ
(ブルノ)
18 11/11 バレンシア
(リカルドトルモ)

エントリーライダー

プロトタイプマシンを使用する8チーム12人と、CRTが7チーム9人、合わせて14チーム、21人のライダーがエントリーしました。昨年のメンバーではロリス・カピロッシ、青山博一、トニ・エリアス、マルコ・シモンチェリが離れました。昨年までヤマハに乗っていたコーリン・エドワーズがCRTに、また、Ducatiでエントリーしていたアスパル・チームがCRTとして参戦。ホンダ・グレシーニもCRTを1台走らせる。ジェームス・エリソンは6年ぶりにGP復帰。ステファン・ブラドルは昨年のMoto2クラス王者。

チーム名 No. ライダー 出身 バイク
Repsol Honda Team 1 ケーシー・ストーナー オーストラリア ホンダ
26 ダニ・ペドロサ スペイン
San Carlo Honda Gresini 19 アルバロ・バウティスタ スペイン ホンダ
51 ミケーレ・ピロ イタリア FTR+ホンダ
LCR Honda MotoGP 6 ステファン・ブラドル ドイツ ホンダ
Ducati Team 46 バレンティーノ・ロッシ イタリア Ducati
69 ニッキー・ヘイデン アメリカ
Pramac Racing 8 エクトル・バルベラ スペイン Ducati
Cardion AB Motoracing 17 カレル・アブラハム チェコ Ducati
Monster Yamaha Tech3 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ イタリア ヤマハ
35 カル・クラッチロー イギリス
Yamaha Factory Racing 11 ベン・スピーズ アメリカ ヤマハ
99 ホルヘ・ロレンソ スペイン
NGM Mobile Forward Racing 5 コーリン・エドワーズ アメリカ Suter+BMW
Avintia Racing MotoGP 22 イバン・シルバ スペイン FTR+カワサキ
68 ヨニー・エルナンデェス コロンビア
Ioda Racing Project 9 ダニーロ・ペトルッチ イタリア Ioda
Paul Bird Motorsport 77 ジェームス・エリソン イギリス ART
Power Electronics Aspar 14 ランディ・ド・プニエ フランス ART
41 アレックス・エスパルガロ スペイン
Speed Master 54 マティア・パシーニ イタリア ART

エナジードリンク 3種

数年前から、チームやライダーのスポンサーとしてエナジードリンクが進出しています。契約しているライダーは表彰台に上がると必ず手にしています。写真はチェコGPのワンショット。ペドロサが手にしているのがレッドブル、ロレンソがロックスターでクラッチローはモンスターエナジーです。それぞれの銘柄の日本向け商品も販売されています。

バイク

Repsol Honda Team

前年と同様のレプソルカラーにNo.1を付けたストーナー仕様のRC213V。

Cardion AB Motoracing

Power Electronics Aspar

スペインの電子ソフトスタータメーカー、パワー・エレクトロニクス社がスポンサーに就きました。

Ducati Team

Desmosedici GP12(ワークス)のスペック

Yamaha Factory Racing

JX日鉱日石エネルギーが公式スポンサーとなったことでENEOSのロゴが描かれています。

Monster Yamaha Tech3

Paul Bird Motorsport

NGM Mobile Forward Racing

ページTOP▲サイトマップ