ホーム >> チャンピオンバイク

カワサキ ZX-7RR
セビロー、ヒスロップ、ウォーカー組 1999

1999年のル・マン24時間耐久レースで優勝した、Team Kawasaki France IgolのカワサキZX-7RRの模型です。ライディングしたのはセビロー、ヒスロップ、ウォーカー組でした。

チャンピオンバイクコレクションのNO.57です。

Kawasaki France Igol ZX-7RR

1999年ル・マン24時間レース順位
1位 セビロー、ヒスロップ、ウォーカー組 カワサキ 787周
2位 ドーブ、ボッシェ、ペリョートル組 スズキ 780周
3位 ライマー、ドルギュ、ウィットハム組 スズキ 760周

スポンサーリンク

日本では四輪の耐久レースとして知られているル・マン24時間ですが、二輪の24時間耐久レースも行われています。四輪は公道を含むサルテサーキットで行われますが、二輪は常設コースのブガッティサーキットで行われます。

1989年にカワサキのスーパーバイクマシンZXR750が登場。1993年、スコット・ラッセルのライディングでスーパーバイク世界選手権のチャンピオンに輝いた。

1996年、ZXR750Rに替わって新型のスーパーバイクマシンNinja ZX-7RRが登場。エンジンはボアを1mm大きくしてボア×ストロークは73mm×44.7mmとなった。

他の国内3メーカーの72mm×46mmに比べ超ショートストローク化されたエンジンは、高回転でハイパワーを搾り出す。フロントカウルのラムエアダクトも左右に装備され、メインチューブを通ってエアボックスにつながる。

写真:ZX-7RRの模型

Ninja ZX-7RR 主要スペック

スポンサーリンク

カワサキフランスチーム

1990年代、カワサキはル・マン24時間で6回優勝している。そのほとんどがカワサキフランスチームによるもので、この前年の1998年も優勝していました。チームの第1ライダー、フランス出身のベルトラン・セビローは、1998年の優勝メンバーの一人です。イギリス出身のスティーブ・ヒスロップはマン島TTで優勝経験のあるライダー。同じくイギリス出身のクリス・ウォーカーはスーパーバイク世界選手権でも活躍。

1999年世界耐久選手権の第1戦として行われたル・マン24時間は、日本の4大メーカーがワークスマシンを投入。カワサキフランスチームからゼッケン10番のジェルマン組と、11番のセビロー組の2台が出場した。2台は予選から好調で、決勝レースも好スタートを切った。

しかし、レース序盤にジェルマン組がリタイヤ。ヤマハも序盤にリタイヤ。上位をうかがっていたホンダも中盤でリタイヤした。中盤以降はセビロー組とスズキのドーブ組の争いになったが、安定した走りで終始リードを守ったセビロー組が優勝。カワサキフランスチームが2年連続でル・マン24時間を制した。

スポンサーリンク

カワサキ

サイトマップ