ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ VTR1000
コーリン・エドワーズ 2000

2000年のスーパーバイク世界選手権(SBK)でチャンピオンに輝いたコーリン・エドワーズ選手のマシン。Castrol HONDA TeamのVTR1000です。この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.17です。

HONDA VTR1000 COLIN EDWARDS 2000

スポンサーリンク

SBKの排気量は当時、4気筒は750ccまで、2気筒が1000ccまでとされており、多くの年を制していたのは排気量で勝る2気筒マシンのDUCATIだった。

ホンダはV型4気筒マシンを投入し実績も残していたが、それに替わって2000年からV型2気筒のニューマシンVTR1000を投入した。そして、参戦1年目でチャンピオンとなった。

また、VTR1000は耐久レースでも活躍している。

写真:VTR1000の模型

VTR1000SPW 主要スペック

2000年シーズンワールドスーパーバイクランキング
1位 コーリン・エドワーズ ホンダ 400
2位 芳賀紀行 ヤマハ 335
3位 トロイ・コーサー Aprilia 310

スポンサーリンク

「Texas Tornado(テキサス・トルネード)」の異名を持つコーリンエドワーズ選手は、1995年ヤマハと契約しSBKに参戦。1998年、Castrol HONDAと契約。RVF/RC45を駆り第3戦イタリア大会でSBK初優勝。

2000年は新しく開発されたVTR1000で戦いを挑んだ。その開幕戦でヤマハの芳賀紀行選手との激戦を制しニューマシンのデビュー戦を優勝で飾る。結局、シーズン8勝を挙げチャンピオンを獲得した。

2001年、シーズン終盤までチャンピオン争いをしたが惜しくも2位。2002年、シーズン序盤戦はDUCATIのベイリス選手にリードされるが、第9戦地元アメリカ大会の第2レースから最終戦イタリア大会まで9連勝で2回目のチャンピオン獲得。2003年はMotoGPクラスに移籍した。

コーリンエドワーズ選手は、鈴鹿8耐で3度優勝している。1996年はヤマハYZF750で、ペアは芳賀紀行選手。2001年はV.ロッシ選手、2002年は加藤大治郎選手で、共にマシンはホンダVTR1000だった。

コーリン・エドワーズ&VTR1000 2000年の成績
Round 開催地 レース1順位 レース2順位
1 南アフリカ 優勝 優勝
2 オーストラリア 5位 5位
3 日本 5位 3位
4 イギリス 優勝 リタイヤ
5 イタリア 2位 優勝
6 ドイツ 4位 2位
7 サンマリノ リタイヤ 10位
8 スペイン 5位 4位
9 アメリカ 2位 4位
10 ヨーロッパ 10位 6位
11 オランダ 優勝 5位
12 ドイツ 優勝 優勝
13 ブランズハッチ 8位 優勝

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ