ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ RS125R
トニ・エリアス 2001

TELEFONICA MOVISTAR JNR TEAMから2001年の世界GP125ccクラスに参戦した、トニ・エリアス選手のRS125Rです。ランキングは3位だった。

この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.42です。

写真:RS125Rの模型

スポンサーリンク

テレフォニカ・モビスター・ジュニアチームはスペイン人の元GPライダー、アルベルト・プーチによって設立されたチーム。若手ライダーの育成に主眼を置き、スペイン国内の125ccクラスで活動を展開。

2001年からホンダRS125Rで、ライダーにエリアス、ダニエル・ペドロサ、ホアン・オリベを起用して世界GPに参戦。そして3年目となる2003年、ペドロサが世界チャンピオンになった。

この時期、ホンダの125ccマシンはワークス仕様というのは無く、RS125Rは市販レーシングマシン。1987年から登場したRS125は、ロリス・カピロッシのライディングで1990年、1991年と連続して世界タイトルを獲得。その後はライバル、アプリリアの登場で苦戦する。

1995年、ホンダは大幅に改良したRS125Rを登場させた。この2001年モデルの水冷2ストローク単気筒エンジンは、最高出力45馬力以上だったとされている。

スポンサーリンク

スペイン出身のトニ・エリアスは2000年、世界GP125ccクラスにホンダのマシンでフル参戦開始。その年のランキングは20位。

2001年、世界GPに挑戦を開始するテレフォニカ・モビスター・ジュニアチームに移籍。第4戦フランスGPで初の表彰台に立ち、ウエットコンディションとなった第7戦オランダGPで初優勝。

第10戦チェコGPはポールポジションからスタート。エリアスは宇井陽一らとトップ争いを展開し、最終ラップで3台を抜き、シーズン2勝目。これでランキングトップに立った。

その後、なんとかランキングトップを維持したが、第13戦パシフィックGPでトップ争いを展開中の5周目に転倒リタイヤ。これで首位をあけわたし2位に後退した。第15戦マレーシアGPで6位となった事で、シーズン後半猛烈に追い上げてきた宇井に抜かれ、チャンピオン争いからも脱落した。

結果、エリアスはシーズン2勝で、ランキングは3位に終わった。この年の125ccチャンピオンはマヌエル・ポジアーリで、2位は宇井だった。

2001年に一気に頭角をあらわしたエリアスは2002年、早くも250ccクラスにステップアップした。

関連サイト

トニ・エリアス & ホンダ RS125R 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 16位
2 南アフリカGP 18位
3 スペインGP 13位
4 フランスGP 3位
5 イタリアGP 4位
6 カタルニアGP 2位
7 オランダGP 優勝
8 イギリスGP 2位
9 ドイツGP 2位
10 チェコGP 優勝
11 ポルトガルGP 3位
12 バレンシアGP 2位
13 パシフィックGP リタイア
14 オーストラリアGP 3位
15 マレーシアGP 6位
16 ブラジルGP 4位

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ