ホーム >> チャンピオンバイク

スズキ RGV500
ケビン・シュワンツ1993

デアゴスティーニ 隔週刊チャンピオンバイクコレクションNO.3の、スズキRGV500とケビン・シュワンツ選手の紹介です。模型はixo(イクソ)社製で、スケールは24分の1です。

写真:RGV500の模型

スポンサーリンク

白を基調としたラッキーストライクカラーの、LUCKY STRIKE SUZUKI TEAMの1993年世界GP500ccクラスチャンピオンマシン。

V型4気筒エンジンは、幅が狭く完全にカウルに覆われている。シートカウルの上には、空力特性向上のため小さなふくらみがある。

この模型ではスポンサー塗装が「SUZUKI TEAM」となっているが、実機は「LUCKY STRIKE」。

RGV500 主要スペック

1993年シーズンWGP500ccクラスランキング
1位 ケビン・シュワンツ(Kevin Schwantz) スズキ 248ポイント
2位 ウエイン・レイニー(Wayne Rainey) ヤマハ 214ポイント
3位 ダリル・ビーティー(Daryl Beattie) ホンダ 176ポイント

SUZUKI RGV500 KEVIN SCHWANTZ 1993

スポンサーリンク

ケビン・シュワンツは速さでは群を抜きながら、度重なるリタイヤによりなかなかタイトルが取れず、無冠の帝王と呼ばれた。

1993年、世界GP参戦6年目にして念願の、500cc世界チャンピオンの座を手にした。世界タイトル獲得はこの1回にとどまった。

しかし、毎レース、最大のライバルであるウエイン・レイニーと、激しいバトルを繰り広げた。

1993年は開幕戦で優勝、その後も安定した成績でタイトル争いをリード。しかし、第10戦はアクシデントにまきこまれ転倒リタイヤ。続く第11戦はマシントラブルで5位キープがやっと。この時点でウエイン・レイニーに11ポイント差で逆転される。

第12戦ウエイン・レイニーが大クラッシュ。このRGV500を引き離そうとペースを上げた時に起こったアクシデント。このアクシデントで、ウエイン・レイニーは再起不能となり、タイトルはケビン・シュワンツに転がり込んだ。

打倒ウエイン・レイニーに情熱のすべてを賭けて戦ったシュワンツは、チャンピオン獲得と同時にライバルを失った。2年後の1995年シーズン半ばに引退。

関連リンク

ケビン・シュワンツ&RGV500 1993年の成績
Round 順位
1 オーストラリアGP 優勝
2 マレーシアGP 3位
3 日本GP 2位
4 スペインGP 優勝
5 オーストリアGP 優勝
6 ドイツGP 2位
7 オランダGP 優勝
8 ヨーロッパGP 3位
9 サンマリノGP 2位
10 イギリスGP リタイア
11 チェコGP 5位
12 イタリアGP 3位
13 アメリカGP 4位
14 FIMGP 3位

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

スズキ

サイトマップ