ホーム >> チャンピオンバイク

スズキ RGB500
マルコ・ルッキネリ 1981

チームガリーナの1981年世界GP500ccクラス、マルコ・ルッキネリ選手のチャンピオンマシン。

この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.24です。

SUZUKI RGB500 MARCO LUCCHINELLI 1981

スポンサーリンク

1974年にデビューしたRG500は、バリー・シーンのライディングで登場3年目の1976年から2連覇を達成。その後、スズキは1978年にエンジンの大幅改良を行ったRGA500を投入、1979年にANDF採用したRGB500を登場させ、1980年にはフル・フローターサスを採用するなどRGを進化させた。

しかしスズキは、毎年メーカータイトルは獲得したものの、個人タイトルはヤマハのケニー・ロバーツのものとなった。

1981年、基本的な機構を受け継ぎながら全面的に見直しされ、名称をRGΓ500としたこのマシンで500ccタイトルをヤマハから奪回した。

RGB500 主要スペック

写真:RGB500の模型

1981年シーズン500ccクラスランキング
1位 マルコ・ルッキネリ(Marco Lucchinelli) スズキ 優勝5回
2位 ランディ・マモラ(Randy Mamola) スズキ 優勝2回
3位 ケニー・ロバーツ(Kenny Roberts) ヤマハ 優勝2回

スポンサーリンク

ラッキーの愛称で親しまれているマルコ・ルッキネリは1980年、最終戦ドイツGPでケニー・ロバーツ、ランディ・マモラを抑えてGP初優勝を飾った。

1981年、ヤマハ初のスクエア4気筒エンジンを搭載したYZR500に乗るロバーツは、西ドイツGPとナシオンズGPで2連勝を飾りるが、その後はマシントラブルなどで勝てなかった。

ルッキネリは開幕戦リタイヤと不安な立ち上がりだったが、フランスGPで1勝目を挙げるとオランダGPから3連勝。結局、シーズン5勝を挙げ初タイトルを獲得した。

1982年、ホンダに移籍したが、その後は勝利を挙げることなく、1983年を最後にGPから引退した。GPで活躍した期間は短く、GP通算6勝。その内5勝をこの年に集中させ、キング ケニーの4連覇を阻止した。

マルコ・ルッキネリ&RGB500 1981年の成績
Round 順位
1 オーストリアGP リタイア
2 西ドイツGP 3位
3 ナシオンズGP 5位
4 フランスGP 優勝
5 ユーゴスラビアGP 2位
6 オランダGP 優勝
7 ベルギーGP 優勝
8 サンマリノGP 優勝
9 イギリスGP リタイア
10 フィンランドGP 優勝
11 スウェーデンGP 9位

関連商品

スポンサーリンク

スズキ

サイトマップ