ホーム >> チャンピオンバイク

スズキ RG500
バリー・シーン 1977

1977年のWGP500でバリー・シーン選手が2連覇を達成した、テキサコ・ヘロン・チーム・スズキのRG500の模型です。

チャンピオンバイクコレクションのNO.9です。

写真:RG500の模型

スポンサーリンク

世界GP500ccクラスには1973年からヤマハがワークスマシンYZR500を送り込んでいた。1974年、スズキはワークス活動の再開と共にRG500を投入。エンジンは2気筒づつ2列、正方形に並べたスクエア4で、コンパクトなエンジンは車体を小型にした。

RG500は1975年第6戦オランダGPで初勝利し、この年2勝。1976年、バリー・シーンが優勝5回、2位1回でチャンピオンを獲得。この年のランキング1位から6位までRG500が独占した。

1977年、バリー・シーンは優勝6回、2位1回で2年連続チャンピオンを獲得した。スズキはRG500で1976年から1982年まで7年連続メーカー・タイトル獲得。スズキが生んだ名車。

RG500 主要スペック

スズキ RG500の模型

バリー・シーンは1974年スズキのRG500投入と共にGP500ccクラスにフル参戦。1976年、77年と2連覇達成。この功績をたたえイギリス女王からMBE勲章(大英帝国五等勲士)を授与され、サー・バリー・シーンと呼ばれるようになった。

1978年は、ヤマハのケニー・ロバーツとのトップ争でわずかにおよばず、3連覇はならなかった。

バリー・シーンは様々なエピソードが残るスーパースター。1975年、デイトナ200マイル・レースの公式練習中リヤタイヤトラブルで大クラッシュ、再起不能とまで言われた重傷から立ち直り第6戦オランダGPで初勝利。

更に1982年、イギリスGPの練習中に、コース上に倒れていたバイクに時速260キロで突っ込んで再び重症を負ったが、翌年レースに復帰した不死身のライダー。

デイトナ200以来ゼッケン7はバリー・シーンのシンボルとなった。チャンピオンとして臨んだ1977年もゼッケン1ではなく7のRG500に乗った。又、世界GPに挑むレーサー達を描いた映画「ザ・ライダー」に出演。

スポンサーリンク

1980年にはTBCビッグロードレースで日本のファンにライディングを披露した。

2001年にグランプリの殿堂入りを果たしたが、2003年3月、癌のため52歳でこの世を去った。

インターネットで見るバリー・シーンの写真
-Google画像検索

バリー・シーン&RG500 1977年の成績
Round 順位
1 ベネズエラGP 優勝
2 オーストリアGP 欠場
3 西ドイツGP 優勝
4 イタリアGP 優勝
5 フランスGP 優勝
6 オランダGP 2位
7 ベルギーGP 優勝
8 スウェーデンGP 優勝
9 フィンランドGP 6位
10 チェコスロバキアGP 欠場
11 イギリスGP リタイヤ
1977年シーズン500ccクラスランキング
1位 バリー・シーン スズキ 優勝6回 107ポイント
2位 スティーブ・ベーカー ヤマハ 優勝0回 80ポイント
3位 パット・ヘネン スズキ 優勝1回 67ポイント
バリー・シーン選手 世界GPの成績
西暦 年間成績
1970 125ccクラス スズキ 13位
1971 125ccクラス スズキ 2位
1974 500ccクラス スズキ 6位
1975 500ccクラス スズキ 6位
1976 500ccクラス スズキ チャンピオン
1977 500ccクラス スズキ チャンピオン
1978 500ccクラス スズキ 2位
1979 500ccクラス スズキ 3位
1980 500ccクラス ヤマハ 15位
1981 500ccクラス ヤマハ 4位
1982 500ccクラス ヤマハ 5位
1983 500ccクラス スズキ 14位
1984 500ccクラス スズキ 6位

ゼッケン7のRG500

関連商品

スポンサーリンク

スズキ

サイトマップ