ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NSR500
バレンティーノ・ロッシ 2001

イタリアのビール「ナストロアズーロ」をメインスポンサーとしたホンダのサテライトチーム、Nastro Azzurro HondaのNSR500です。バレンティーノ・ロッシ選手のライディングで、2001年WGP500の頂点に輝きました。

この模型はチャンピオンバイクコレクションのNO.15です。

写真:NSR500の模型

スポンサーリンク

ホンダは、世界GP通算500勝まで残すところあと3勝で、2001年シーズンをむかえた。そして開幕戦の鈴鹿で125ccが東選手、250ccが加藤選手とホンダ勢が優勝し、500ccでロッシ選手が優勝、ホンダは開幕戦3クラスを制覇して世界GP500勝を達成した。

ちなみに、記念すべき1勝目は1961年にスペインGPの125ccで記録していた。

また、翌年からMotoGPに移行したため、このNSRが世界GP500ccクラス最後のチャンピオンマシンとなった。

チャンピオンバイクコレクションNO.15:NSR500

NSR500 主要スペック

2001年シーズン500ccクラスランキング
1位 バレンティーノ・ロッシ Nastro Azzurro Honda ホンダ 優勝11回
2位 マックス・ビアッジ Marlboro Yamaha Team ヤマハ 優勝3回
3位 ロリス・カピロッシ West Honda Pons ホンダ -

スポンサーリンク

1999年、5連覇中の王者マイケル・ドゥーハン選手が転倒負傷のため現役引退し、ホンダは中心選手を失った。2000年、そのドゥーハンをHRCのレーシングマネージャーに起用しシーズンに臨んだが、スズキのケニー・ロバーツJr.選手にチャンピオンを奪われた。

そんな中、125cc、250ccクラスでタイトルを獲得していたロッシ選手が2000年にアプリリアからホンダに移籍して、500ccクラスにステップアップした。そして、第9戦で500cc初優勝。シーズン2勝を挙げランキング2位を獲得。

2001年は500ccに完全に適応し、向かうところ敵無し。参戦2年目にしてその頂点に立ち、史上初、3クラス制覇した。翌2002年は4ストロークRC211VでMotoGP初代チャンピオンにも輝く。

バレンティーノ・ロッシ&NSR500 2001年の成績
Round 順位
1 日本GP 優勝
2 南アフリカGP 優勝
3 スペインGP 優勝
4 フランスGP 3位
5 イタリアGP リタイア
6 カタルニアGP 優勝
7 オランダGP 2位
8 イギリスGP 優勝
9 ドイツGP 7位
10 チェコGP 優勝
11 ポルトガルGP 優勝
12 バレンシアGP 11位
13 パシフィックGP 優勝
14 オーストラリアGP 優勝
15 マレーシアGP 優勝
16 ブラジルGP 優勝

バレンティーノ・ロッシ 2001:NSR500

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ