ホーム >> チャンピオンバイク

ホンダ NSR250
ルカ・カダローラ 1991

Rothmans KANEMOTO HONDAチームの、1991年型NSR250の模型です。ルカ・カダローラ選手のライディングで、世界GP250ccクラスの頂点に輝きました。

チャンピオンバイクコレクションのNO.51です。

HONDA NSR250 LUCA CADALORA 1991

スポンサーリンク

KANEMOTO HONDAチームは、フレディ・スペンサーをチャンピオンに導いた名チューナー・アーブ金本が1989年に設立。その年、ヤマハから移籍してきたエディー・ローソンが、NSR500でチャンピオンに輝いた。1991年はカダローラを迎えて250ccクラスに挑戦。

1991年はスズキがRGV-Γ250をGPデビューさせたが、まだ開発要素が多かった。また、NSR250と毎年タイトルを争ってきたヤマハYZR250が、参戦をストップした。

この年、カダローラのライバルとなったのは、ヘルムート・ブラドルらの同じホンダ勢。そして台頭してきたアプリリア勢だった。

RS250RWから変わって1986年に登場したNSR250は、2002年まで世界GPの舞台で活躍する。その間、1987年にアントン・マングのライディングで初タイトル獲得してから、2001年に加藤大治郎がチャンピオンとなるまで、NSR250は約17年間で7回チャンピオンマシンに輝いた。

写真:NSR250の模型

NSR250 主要スペック

1991年シーズン250ccクラスランキング
1位 ルカ・カダローラ(Luca Cadalora) ホンダ 237
2位 ヘルムート・ブラドル(Helmut Bradl) ホンダ 220
3位 カルロス・カルダス(Carlos Cardus) ホンダ 205

スポンサーリンク

イタリア出身のルカ・カダローラは、125ccと250ccの2クラスで世界王者に輝いている。1984年から世界GP125ccクラスに参戦し始め、ランキングは8位。1986年にはガレリのワークスライダーとなり、初タイトルを獲得。

1987年からマールボロヤマハアゴスチーニに移籍して、YZRで250ccクラスに挑戦。2位に3回入賞する活躍で、ランキング7位。1988年には西ドイツGPで250ccクラス初優勝、イギリスGPでも勝ち星を挙げたが、安定した成績を残せずランキングは6位。

1989、90年も一線級の速さで優勝はするもののノーポイントのレースも多く、ムラのある成績でランキング5位、3位に留まる。

1991年、YZRからNSRへ乗り換えた。開幕戦の日本GPで、カダローラはスタートで大きく出遅れたがハイペースでトップに追いつく。最終ラップの130Rでトップに立ちそのままゴール、NSR250での初戦で優勝。

開幕3連勝の好スタートを切ったが、中盤に調子を落とし、アプリリアのピエールフランチェスコ・キリやロリス・レジアーニに先行されるレースもあった。

タイトルを争っていたヘルムート・ブラドルが転倒した第12戦サンマリノGPで、カダローラは7勝目を挙げ、タイトル獲得に大きく前進。ブラドルが第13、14戦と連勝するが、カダローラは無理することなく3位でゴール。

その結果、最終戦を前にカダローラの250cc初タイトル獲得が決定した。最終戦でも優勝したカダローラは、シーズン8勝、全レースで2桁ポイントを獲得する安定感をみせた。

1992年もタイトルを獲得し250ccクラス2連覇。その後、500ccクラスにステップアップするが、500ccクラスのタイトルを獲得する事は出来なかった。

ルカ・カダローラ & NSR250 1991年の成績
Round 順位
1 日本GP 優勝
2 オーストラリアGP 優勝
3 アメリカGP 優勝
4 スペインGP 2位
5 イタリアGP 優勝
6 ドイツGP 4位
7 オーストリアGP 5位
8 ヨーロッパGP 優勝
9 オランダGP 2位
10 フランスGP 5位
11 イギリスGP 優勝
12 サンマリノGP 優勝
13 チェコGP 3位
14 ルマンGP 3位
15 マレーシアGP 優勝

スポンサーリンク

ホンダ

サイトマップ