ホーム >> チャンピオンバイク

MV AGUSTA 500
ジョン・サーティース 1956

1956年のロードレース世界選手権で、ジョン・サーティース選手のライディングでチャンピオンに輝いたMV AGUSTA500の模型です。デアゴスティーニのチャンピオンバイクコレクションNO.50です。

MV AGUSTA 500 JOHN SURTEES 1956

スポンサーリンク

1949年から始まったロードレース世界選手権の500ccクラスは、ジレラが強さを発揮していた。イタリアのバイクメーカーMVアグスタは1950年、4ストローク4気筒エンジンを搭載したマシンで、世界GP500ccクラスデビュー。

初期のモデルには前輪まで覆った、巨大なダストビンカウルが装着さたマシンもあったが、このマシンは小型のドルフィンカウルを装着。この頃のカウルは、ハンマーによる手叩きで成形されたアルミ製だった。

1952年、MVアグスタはレスリー・グラハムのライディングで500ccクラス初優勝を挙げ、ランキング2位を得た。その年のタイトルを獲得したジレラは、その後もジェフ・デュークのライディングで1955年まで連覇を達成。1956年、MVアグスタがサーティースのライディングでようやく初タイトルを獲得。1957年、再びジレラがタイトルを獲得する。

写真:MV AGUSTA 500の模型

この頃MVアグスタは、ジレラに対抗すべく6気筒マシンの開発を進めていた。しかし1958年、ジレラが世界GPから撤退しした事もあって、その開発は中止された。

ライバルがいなくなった1958年、ランキング1、2位をMVアグスタが獲得。その後、ジャコモ・アゴスティーニらの活躍で、1970年代前半に2ストロークマシンが台頭するまで、4ストロークMVアグスタの独走状態が続く。

MV AGUSTA 500 主要スペック

1956年シーズン500ccクラスランキング
1位 ジョン・サーティース(John Surtees) MV Agusta 24
2位 ウォルター・ツェラー(Walter Zeller) BMW 16
3位 ジョン・ハートル(John Hartle) Norton 14

スポンサーリンク

2輪と4輪の世界チャンピオン

イギリス出身のジョン・サーティースは2輪の世界GPと、4輪のF1GPの両方で世界の頂点を極めたレーサーです。2003年にはMotoGP殿堂入りを果たした。

ノートンのマシンに乗りイギリス国内のレースで活躍していたサーティースは1956年、MVアグスタの誘いを受け世界GPに挑戦。フル参戦1年目ながら開幕戦のマン島TTから3連勝で、500ccクラスタイトルを獲得。1958年から1960年まで350ccと500ccクラスで3連覇を達成した。特に、1959年は350ccと500ccの両クラス行われた13戦全て優勝した。

サーティースは1960年、バイクレースと平行してロータスでF1に挑戦する。そして、1964年にフェラーリでF1のタイトルも獲得した。

J・サーティース & MV AGUSTA 500 1956年の成績
Round 順位
1 マン島TT 優勝
2 ダッチTT 優勝
3 ベルギーGP 優勝
4 西ドイツGP 欠場
5 アルスターGP 欠場
6 ナシオンズGP 欠場
ジョン・サーティース選手 世界GPの成績
西暦 クラス / 年間成績 メーカー
1952 500cc 18位 NORTON
1955 350cc 6位
250cc 7位
NORTON
NSU
1956 500cc チャンピオン
350cc 4位
MV AGUSTA
1957 500cc 3位
350cc 10位
MV AGUSTA
1958 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1959 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1960 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA

スポンサーリンク

MV AGUSTA 500

サイトマップ