ホーム >> チャンピオンバイク

MV AGUSTA 500
ジャコモ・アゴスティーニ 1967

1967年のWGP500ccクラスで、ジャコモ・アゴスティーニのライディングでチャンピオンマシンとなったMV AGUSTAの模型です。チャンピオンバイクコレクションのNO.22です。

MV AGUSTA 500 GIACOMO AGOSTINI 1967

スポンサーリンク

マイク・ヘイルウッドのライディングで世界GP500ccクラス連覇中だったMVアグスタは1965年、ジャコモ・アゴスティーニをチームに迎えた。その年はヘイルウッドがチャンピオンで、アゴスティーニは2位となった。

1966年、ヘイルウッドがホンダに移籍し、アゴスティーニがチームのエースライダーとなった。その年、MVアグスタはそれまでの4気筒に替わって、3気筒エンジンを搭載したこのマシンを登場させた。

その1966年は、ホンダRC181に乗るヘイルウッドとのタイトル争いとなった。最終戦、ヘイルウッドが途中リタイヤし、アゴスティーニの500ccクラス初タイトル獲得が決まった。

写真:MV AGUSTA 500の模型

MV AGUSTA 500 主要スペック

1967年シーズン500ccクラスランキング
1位 ジャコモ・アゴスティーニ(Giacomo Agostini) MV Agusta 優勝5回
2位 マイク・ヘイルウッド(Mike Hailwood) ホンダ 優勝5回
3位 ジョン・ハートル(John Hartle) Matchless 優勝0回

スポンサーリンク

1967年もアゴスティーニはホンダに乗るヘイルウッドと激戦を展開し、共に優勝5回で並んだが、2位が1回多かったアゴスティーニがチャンピオンの座を守った。

1968年、ホンダが世界GPから撤退し、同時にヘイルウッドも引退した。一強状態となったMVアグスタとアゴスティーニは、500ccクラスシリーズ全勝を達成した。同時に350ccクラスも全勝でタイトルを獲得。

その後1973年まで500ccクラスで7年連続、350ccクラスで6年連続タイトルを獲得した。

G・アゴスティーニ&MV AGUSTA 500 1967年の成績
Round 順位
1 西ドイツGP 優勝
2 マン島TT リタイア
3 ダッチTT 2位
4 ベルギーGP 優勝
5 東ドイツGP 優勝
6 チェコGP 2位
7 フィンランドGP 優勝
8 アルスターGP 20位
9 ナシオンズGP 優勝
10 カナダGP 2位
ジャコモ・アゴスティーニ選手 世界GPの成績
西暦 クラス / 年間成績
1965 500cc 2位
350cc 2位
MV AGUSTA
1966 500cc チャンピオン
350cc 2位
MV AGUSTA
1967 500cc チャンピオン
350cc 2位
MV AGUSTA
1968 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1969 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1970 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1971 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1972 500cc チャンピオン
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1973 500cc 3位
350cc チャンピオン
MV AGUSTA
1974 500cc 4位
350cc チャンピオン
ヤマハ
1975 500cc チャンピオン
350cc 2位
ヤマハ
1976 500cc 7位 スズキ
1977 500cc 6位 ヤマハ

サイト内関連ページ

スポンサーリンク

MV AGUSTA 500

サイトマップ