ホーム >> 模型

カワサキ Z400FX ロードバイクコレクション

カワサキ Z400FXのミッドナイトブルーです。ガソリンタンクとテールカウルにピンストライプが入った、このカラーが採用されたのは1979年のE2でした。

写真:Z400FX E2の模型

スポンサーリンク

Z400FXの概要

Z400FXはカワサキが1979年4月に発売した、中型ネイキッドバイクです。当時、大型バイクで4スト4気筒エンジンが人気でした。

しかし、限定解除という厳しい試験をパスしなければ乗れない遠い存在だったので、中型免許でも乗れる400マルチの要望が高まっていった。

ロードバイクコレクション Z400FX

そんな中、400マルチとして既存のホンダCB400フォア以来となる4気筒マシンとして、Z400FXは登場しました。

しかも、DOHCヘッドにクラス最高の43PSを発揮。加えて、角張ったデザインや400cc離れした大柄なボディも受け入れられた。

発売のタイミングと、多くの人気要素を合わせ持っていたことで、発売と同時に大ヒットした。

型式はKZ400Eで、カラーリング変更などのマイナーチェンジが行われた事で、初期型のE1からE2-E3-E4-E4A、そして最終のE4Bまで6タイプのFXが生まれた。

その中でもE4では、足回りを中心に大幅なアップデートが行われました。それをベースとするE4Aは、グランプリ仕様やリミテッドとも呼ばれるる500台限定の特別モデルです。

E4Bは、後継機種のZ400GPが1982年3月に発売され後に、FXの再販を望むファンの声に応えるかたちで、その年の12月に登場した最終モデルです。

スポンサーリンク

主要スペック(E2)

  • エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒2バルブ
  • 排気量:399cc
  • 最高出力:43PS/9500rpm
  • 最大トルク:3.5Kg-m/7500rpm
  • 内径×行程:52×47 mm
  • 圧縮比:9.5
  • 全長×全幅×全高:2100 × 795 × 1155 mm
  • シート高:805 mm
  • 車体重量(乾燥):189Kg
  • ガソリンタンク容量:15L
  • タイヤ:F3.25-19、R3.75-18
  • 価格:39万8千円

Z400FX ミッドナイトブルー

Z400FX ガソリンタンク

カワサキZ400FX 模型

スポンサーリンク

サイトマップ