ホーム >> チャンピオンバイク

スズキ GSX-R750
グレゴリオ・ラビッラ 2002

Alstare Suzuki Corona Extraの2002年スーパーバイク世界選手権(SBK)、グレゴリオ・ラビッラ選手のマシン。チャンピオンバイクコレクションNO.35の模型です。

SUZUKI GSX-R750 GREGORIO LAVILLA 2002

スポンサーリンク

アルスタースズキはスズキ系の有力チームで、1999年からGSX-R750でSBKに参戦。2000年はライダーにピエールフランチェスコ・キリを起用しランキング4位と、まずまずの成績だった。しかし、その後は2気筒エンジンを搭載するバイクとのパワーの差に苦戦した。

SBKの排気量は当時、4気筒は750ccまで、2気筒が1000ccまでとされおり、2気筒マシンが4気筒をパワーで圧倒していた。2000年に、ホンダも2気筒エンジンを搭載するVTR1000を投入した。

2001年、キリはランキング7位に後退。2002年、キリに替わってグレゴリオ・ラビッラが加入したがランキングは10位。GSX-R750がSBKで活躍したのは、この年が最後となった。

2003年、SBKの規定が改められ、4気筒も1000ccのマシンが出場可能となり、スズキはGSX-R1000を投入した。2005年、アルスタースズキのトロイ・コーサーがチャンピオンとなり、スズキにSBKの初タイトルをもたらした。

写真:GSX-R750の模型

GSX-R750 主要スペック

スポンサーリンク

ラビッラは1998年からドゥカティを駆りSBKにフル参戦。第4戦の母国スペイン大会の第1レースで初の3位表彰台に立った。南アフリカでも3位に入り、その年のランキングは12位。1999年から3年間、Kawasaki Racing Teamに所属し4気筒マシンZX-7RRを走らせ、ランキング最高位は1999年の8位。

2002年、アルスタースズキに移籍しても4気筒エンジンを搭載するGSX-R750に乗り、2気筒勢とのパワーの差に苦戦する場面が多く、ランキングは10位。2003年、GSX-R1000でSBKに参戦。優勝は無かったが2位が3回、3位が4回と活躍。ランキングも5位になったが、2004年はSBKに参戦しなかった。

2005年、イギリス・スーパーバイク選手権(BSB)にドゥカティのマシンで参戦し、1年目でチャンピオンとなった。

関連サイト

グレゴリオ・ラビッラ & GSX-R750 2002年の成績
Round レース1順位 レース2順位
1 スペイン 8位 リタイヤ
2 オーストラリア 7位 8位
3 南アフリカ リタイヤ 11位
4 日本 12位 12位
5 イタリア 7位 5位
6 イギリス リタイヤ 14位
7 ドイツ 8位 リタイヤ
8 サンマリノ 10位 6位
9 アメリカ リタイヤ リタイヤ
10 ヨーロッパ 15位 12位
11 ドイツ 8位 9位
12 オランダ 7位 リタイヤ
13 イタリア 8位 7位

スポンサーリンク

スズキ

サイトマップ