ホーム >> チャンピオンバイク

スズキ GSV-R
ケニー・ロバーツJr. 2002

2002年のMotoGPレースでケニー・ロバーツJr.がライディングしたテレフォニカ・モビスター・スズキのGSV-Rの模型です。チャンピオンバイクコレクションNO.16です。

青地にチェッカーパターンの蛍光イエローが映えるカラーのマシンは、スポークホイールなど全体の雰囲気がRGV500によく似ています。

写真:GSV-Rの模型

スポンサーリンク

この年から4ストロークマシンに限りその排気量が990ccまで引き上げられ、クラスの名称も従来の500ccクラスからMotoGPに変更された。それに合わせてスズキが投入した4ストロークマシンがGSV-R。GSX-Rで実績のある並列4気筒エンジンではなくV型4気筒を新たに開発。

スズキは当初2003年からのエントリーを予定していたが、1年前倒しで2002年、完成間もないこのバイクでMotoGPに挑戦した。

シーズン中も、タイヤをダンロップからはミシュランに変更する等、試行錯誤が繰り返されたが優勝は無かった。開幕戦・鈴鹿でのワイルドカード参戦、梁明の2位がGSV-R最高位。

2002年のチャンピオンマシンはバレンティーノ・ロッシが駆るホンダのRC211Vだった。

GSV-R 主要スペック

テレフォニカ・モビスター・スズキ GSV-R

スポンサーリンク

偉大なライダー、ケニー・ロバーツを父に持つロバーツジュニア選手は1996年、父が率いるヤマハチームに加わり世界GP500ccクラスに初参戦。

1999年、スズキと契約しワークスチームのエースライダーとしてRGVガンマを駆り、開幕戦で世界GP初優勝。シーズン4勝を挙げランキング2位を獲得。

2000年、優勝4回、表彰台9回と安定した走りで初タイトル獲得。スズキにとっては1993年のケビン・シュワンツ以来6度目のタイトル獲得。ロバーツJr.選手は、1978〜80年に3年連続チャンピオンを獲得した父に続いてタイトルを獲得し、世界GP史上初めて、親子でのワールドチャンピオンが誕生した。

2002年、予定を早めて投入されたGSV-Rは、まだ開発途中で思うような結果が残せなかった。ウェットコンディションで行われたブラジルGPの3位が最高位。

ケニー・ロバーツJr.&GSV-R 2002年の成績
Round 順位
1 日本GP リタイヤ
2 南アフリカGP リタイヤ
3 スペインGP 8位
4 フランスGP 5位
5 イタリアGP リタイヤ
6 カタルニアGP 7位
7 オランダGP 6位
8 イギリスGP 14位
9 ドイツGP 欠場
10 チェコGP 11位
11 ポルトガルGP 4位
12 ブラジルGP 3位
13 パシフィックGP 6位
14 マレーシアGP 8位
15 オーストラリアGP 9位
16 バレンシアGP リタイヤ

スポンサーリンク

スズキ

サイトマップ